子育てで辛いときは、どこに相談するのが一番いいの?

子育てで辛いとき、 どこに相談するのが一番いいの?育児
子育てで辛いとき、 どこに相談するのが一番いいの?

子育てをしていると、たびたび辛いときがありますよね

赤ちゃんが全然ミルクを飲んでくれない・・・。

なかなか泣きやんでくれない・・・。

ちっとも寝てくれない・・・。

そんなとき、あなたなら誰に相談しますか?

パパ?お母さん?それともママ友?

「誰もいな~い」という人は、誰に相談したらいいのでしょうか?

そんな場合は国や民間の相談機関に頼りましょう!

本来なら、まずは身近なパパに相談するのが一番です。

一番身近にいて赤ちゃんの様子も見てるはずですから、あなたが大変なの一番分かってるはずです。

でも世の中のパパがみんな優しく協力的で、困っていたらいつでも相談に乗ってくれるなら、そもそもこんな悩みはないわけです。

今回は子育てで辛い時に相談できる、国や民間の相談機関についてご紹介します。

この記事が、辛い時期を乗り越える力になれたら嬉しいです。

育児をサポートする相談機関

乗り越えた方法

乗り越えた方法

相談する人がいないからといって、一人悩んで苦しまないで欲しいです。

そんなときは一人で悩まず、住んでる自治体にもいろいろな相談窓口があるので、頼ってみて下さい。

あなたの住んでいる場所にも近くにあるはずなので、チェックしてみて下さいね。

保健所

赤ちゃんを産んだらまずお世話になる保健所です。

赤ちゃんの検診などでお世話になりますよね。

保健所は元々、地域住民の病気の予防、健康増進、各種検査など保健・衛生のほか生活環境等に関することなど幅広くサービスを実施する行政機関なんです。

保健所の規模によりますが医師、保健師、栄養士、精神保健福祉相談員などが配置されてます。

赤ちゃんが全然ミルクを飲んでくれない。なかなか泣きやまない。ちっとも寝てくれない・・・等の悩みに、保健師さんが相談に乗ってくれます。

子育てのほか、こころの健康や生きづらさを感じている方、自身や家族の相談などもできます。

相談者の要望によっては、家庭訪問による相談も可能な場合もあります。

私も産後体が思うように動かないころ、保健士さんが自宅に訪ねてくれました。

その上で子育てで心配なことや、悩んでることなどを聞いてアドバイスもしてくれました。

本当に助かりました。気持ちがかるくなります。

児童相談所

子どもが少し大きくなると、児童相談所があります。

児童相談所は、子どもに関する家庭やその他からの相談に応じ、子どもや家庭に効果的な援助や指導を行う行政機関なんです。

幼稚園になかなかいけない。小学校でいじめられてる。身体の不調を訴える…等の相談にものってくれます。

他にも、子どもの言葉や発達に遅れなどの心配事も、18歳未満なら児童相談所が相談に乗ってくれます。

市区町村や民間企業の無料電話相談

そのほか各都道府県に、子育て支援サービスがあります。

子育て家庭のあらゆる相談に応じ、地域の子育てに関する情報もたくさん持っています。

市区町村や民間企業の無料電話相談と言うのもあります。

話を聞いてもらい、そうなんだって受け止めてもらい、分かるって共感してもらう。

それだけでも、気持ちがだいぶ楽になると思います。

辛い時は一人で抱え込まないで、誰かに聞いてもらえるだけでも違いますよね。

日本保育協会が設置している、子育てに関する相談を受け付けている「ママさん110番」や、森永乳業が行っている育児相談で「エンゼル110番」というのもがあります。

エンゼル110番は妊娠中の方の悩みから、小学校入学前までの子育てに関する悩みに対し、不安を解消して、問題解決できるようなサポートをしています。

子育て辛い時の相談はどこ?まとめ

チェックポイント

チェックポイント

子育てで悩んでいる人は大勢います。

育児には悩みがつきものです。

相談できる相手がいればいいのですが、相談する相手がいず一人で抱え込んでしまう人が多くいます。

育児に悩んだら、乳幼児だったら保健所、幼児以上なら自治体の児童相談所や子育て相談窓口というように、知らない人も多いでしょうが、育児の相談ができる場所はたくさんあります。

どの自治体もそれぞれ専門の相談員が配置されていて、当然秘密は厳守されるので安心して相談できます。

他にも電話での無料相談や、インターネットでの匿名で育児相談もできます。

育児の悩みを相談するのは勇気がいりますが、思い切って相談してみませんか?

誰かに吐き出すだけでも気持ちが楽になり、育児も楽にできるようになるものですよ。

厚生労働省が行った調査では、未就学児の親の約8割が、育児の悩みや不安があるとの解答でした。

多くの親たちが子育てに悩んでいるということです。

あなただけじゃありません。

完璧に育児をしているように見える保護者も、案外育児に悩んでいるのかもしれませんよ。

辛い時は一人で抱え込まず、まずは身近な人、いなかったら自治体の相談窓口などに相談して、楽になって下さい。

気持ちがかるくなると、育児も楽しめるようなると思うので、あまり追い込まずに適度に吐き出しましょうね!

コメント