まつ毛美容液の塗り方をタイプ別に紹介。筆・チップ・ブラシの特徴

まつ毛美容液の塗り方 タイプ別に紹介。 筆・チップ・ブラシの特徴 豆知識
まつ毛美容液の塗り方 タイプ別に紹介。 筆・チップ・ブラシの特徴

筆タイプのまつ毛美容液は、根元までしっかり塗れると人気です。

でも、実際買ってみて、塗り方がわからないという方もいるのでは?

自分の塗り方で美容液がうまく塗れているか不安という方もいるかもしれません。

美容液がきちんと塗れていないと、効果も半減してしまいます。

できれば、しっかり塗って効果的にケアをしたいものですよね。

今回は筆タイプをはじめ、まつ毛美容液のタイプ別の特徴や塗り方を紹介していきます。

あなたのまつ毛ケアの参考にしてくださいね。

まつ毛美容液には色々なタイプがある

まつ毛美容液には4つのタイプがあります。

ここではタイプ別に特徴とどんな人に向いているのかを説明していきます。

筆タイプ

特徴

先端は細い筆の形状。リキッドアイライナーに似ています。

美容液をまつ毛とまつ毛の間の根元など細かなポイントに塗れるのが特徴です。

向いている人

リキッドアイライナーを普段使っている人には、簡単に使いこなせるのでおすすめ。

細筆で丁寧に塗るケアとなるので、スキンケアに時間をかけて丁寧にしたい人にも向いています

チップタイプ

特徴

リップグラスと同じようなチップが先端に付いています。

チップは液が浸透しやすく、塗る面が広いため塗りやすいのが特徴です。

ただし、根元など細かな場所には塗りにくいため細かなケアにはやや不向きです。

向いている人

液を含んだチップをそのまま塗るだけです。このため、まつ毛美容液初心者におすすめ。

筆やマスカラが苦手な場合も、チップタイプなら抵抗なく使える方が多いようです。

マスカラタイプ

特徴

先端にマスカラのようなブラシが付いています。

根元から毛先までさっと美容液が塗れるのが特徴。

まつ毛の先端など、まつ毛そのものをケアしやすいタイプです、

向いている人

普段からマスカラを使っている人には簡単に使いこなせます。

ひと塗りでさっと塗れるので、スキンケアの時短をしたい人にもおすすめです。

クリームタイプ

特徴

指先でクリームをとり目の周りにそのまま塗ります。

他のまつ毛美容液とは違い、目元全体に塗るものが多いです。

根元や毛先のケアというより、まつ毛を含む目元をケアするというようなイメージです。

向いている人

指で目元に塗るだけなので、誰でも簡単に使えます。

メイクに慣れていない方、まつげ美容液を初めて使う方に特に向いています。

タイプ別、筆・チップ・ブラシ・クリームの塗り方

続いて、まつ毛美容液のタイプ別の塗り方について説明していきます。

筆タイプ

基本的にまつ毛の根元に塗ります。

筆タイプは液が筆に多くついていると、目に液が入りやすいです。

最初に容器のフチで筆をしごき、液をしっかり落としてから塗りはじめましょう。

最も簡単な塗り方は、アイライナーと同じようにまつ毛の外側を筆先で目頭から目尻に向かって線を引くように塗る方法。

片目を閉じて塗ると塗りやすいです。

筆タイプに慣れている方、アイライナーを普段使っている方は、まつ毛の間に少しずつ塗るようにするとより効果的です。

下まつ毛も同様に塗ることができます。

チップタイプ

チップタイプは、根元とまつ毛そのものに塗ります。

最初に、目頭から目尻までの根元を塗ります。

アイシャドウを塗るようなイメージで、塗っていくとよいでしょう。

次に、まつ毛に塗ります。

チップ全体に美容液をつけて、まつ毛を下から上に持ち上げるようなイメージで塗りましょう。

下まつ毛を塗る場合は、この逆に上から下にチップを動かして塗ると簡単です。

チップタイプの注意点は、液が浸透しやすく液だれしやすい点。

容器のフチなどで液量を調整しながら塗るようにしてください。

マスカラタイプ

メイクの際にマスカラを塗るのとまったく同じ方法で塗ります。

ブラシに美容液をつけ、上まつ毛の下から上へ持ち上げるように塗りましょう。

片方の手でまぶたを上に引っ張りながら塗ると、より塗りやすくなります。

まつ毛の根元を塗る場合は、先端を使って少しずつ美容液を塗っていきましょう。

下まつ毛も、根元同様に先端を使います。

ブラシを小刻みに動かしながら毛先に向かって塗り、目頭から目尻に進むように塗るとよいでしょう。

クリームタイプ

まつ毛の根元からまぶた全体に指で塗ります。

塗りこむというより、指でさっとなじませるように塗るものが多いです。

商品によっては目元のマッサージにも使えるものがありますので、商品の説明に従って効果的に塗ってください。

まつ毛美容液はいつ使う?

まつ毛美容液は、メイク汚れや皮脂汚れがまつ毛についていると十分な効果が発揮されません。

このため、朝晩の洗顔後に使うのが最適です。

夜の場合は、寝る前に塗るのがおすすめです。

スキンケアの夜用美容液同様、まつ毛美容液も寝ている間にまつ毛をしっかりケアしてくれます。

朝の場合は、洗顔後のスキンケアの最初がよいでしょう。

マスカラの下地になるまつ毛美容液もあるので、商品の特徴を確認して効果的にまつ毛美容液を使いましょう。

なお、まつ毛美容液は商品によって1日の使用回数が決められています。

1日1回、2回など使用回数を守って使用するようにしましょう。

まつ毛美容液の選び方

では、まつ毛美容液はどのように選ぶのがよいのでしょうか?

まつ毛美容液を選ぶ時は、下記の3つを見て選ぶようにしましょう。

1・ブラシタイプ

上で紹介したブラシタイプから、自分に合ったブラシタイプを選んでください。

自分が使いやすいブラシタイプだと、ケアがしっかりとできます。

2・希望のケアができるか

パッケージなどの成分を見て、自分の希望のケアができるかを確認して選びましょう。

一口にまつ毛美容液と言っても、入っている成分により効果が様々。

希望のケアができる成分が入っている美容液を使わないと、効果が感じられないこともあります。

下記の参考に成分を見ながら、美容液を選ぶとよいでしょう。

・目元やまつ毛の乾燥をケアしたい場合……保湿成分

代表的な保湿成分=セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、ヒトオリゴペプチド-1
・まつエクやビューラーのダメージをケアしたい場合……補修成分

代表的な補修成分=加水分解シルク、加水分解エラスチン、パンテノール

3・まつエク中でも使えるか

まつ毛エクステをしている方は、まつエク中でも使えるかをパッケージなどで確認してまつ毛美容液を選んでください。

まつエク中でも使えるまつ毛美容液でないと、まつエクの接着剤がはがれてしまうことがあります。

選び方を説明してきましたが、どんなまつ毛美容液でも買っていいわけではありません。

実は成分が目元に悪影響などの理由で、買ってはいけない美容液があるのです。

買ってはいけない美容液については、別記事で説明していますので参考にしてください。

まとめ

筆タイプをはじめ、まつ毛美容液のブラシタイプ別の特徴、塗り方などを紹介してきました。

筆、チップ、マスカラ、クリームとまつ毛美容液のタイプは様々です。

塗り方が誤っていたり、うまく塗れていないとせっかくの美容液の効果がでないこともあります。

自分に合ったブラシタイプでしっかりまつ毛をケアしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました