お薬手帳を忘れる人はアプリを使おう!手帳でお薬が安くなる?

お薬手帳で薬が安くなる? 忘れやすい人はアプリを使おう豆知識
お薬手帳で薬が安くなる? 忘れやすい人はアプリを使おう

病気やケガをしたときに処方箋をもらって、調剤薬局へもっていくと必ず聞かれますよね。

「お薬手帳はお持ちでしょうか?」

持っている・持っていないで何か違うの?

値段とか違うの?

そう思っていても、聞いたところでよくわからないから、

なんとなく言われた金額を払っている、という方もいるかもしれません。

私も以前はなんとなく持っていたり、忘れたりと意識せずに薬局へ行っていました。

しかし、結論からいうとお薬手帳があると安くなるんです。

しかし、条件があるのでポイントを押さえながら、解説していきたいと思います。

お薬手帳があると安くなるって本当?

意外な事実

意外な事実

本当です。

調剤薬局に限った話ですが、安くなります。

調剤薬局とは

お医者さんが発行した「処方箋」をもとに、薬剤師がお薬を調剤し、患者さんにお薬とそのお薬の適正な使用方法などの情報を提供する医療提供施設です。

そもそも調剤薬局の支払い金額は、2年に一回改訂があります。

2020(令和2)年はちょうどこの改訂の年で、コロナ禍の4月に改訂されています。

そのため、数年前は「お薬手帳を持って行かないほうがお得だった」とか、

「調剤薬局の種類(チェーン展開)によってお薬手帳の扱いが違う」

といったこともありましたが、今回改訂されました。

値段で言ったら10割負担で140円分です。

人によって負担割合は違いますが3割負担の方で、

実際に支払う金額としては約40円程度、手帳を持って行ったほうが安くなります。

たかが40円。されど40円です。

hanamizuki
hanamizuki

花粉症などで定期的にお薬を貰う人には、この金額差は大きいよね!

お薬手帳の提出で安くなるための条件

明確な基準とは…

明確な基準とは…

しかし、ここで注意していただきたいのは、条件です。

ポイントとなる点は「3か月以内」の「再来」です。

今回の改訂で条件も改訂されました。

前回は「6か月」「再来」「薬局の条件」でしたが、今回薬局の条件はなくなり、

どの調剤薬局へ処方箋を持って行っても、お薬手帳に関する金額は変わらないということになりました。

具体的に見ていきましょう。

お薬手帳に関する値段を「高い」と「安い」の2種類に分けます。

〇1回目の薬局

 「高い」お薬手帳に関する値段

〇3か月以内に同じ薬局へ

 「安い」お薬手帳に関する値段

〇3か月以上経ってから同じ薬局へ

 「高い」お薬手帳に関する値段

〇期間問わず違う薬局へ

「高い」お薬手帳に関する値段(1回目と同じ考え方)となります。

忘れやすい人はアプリを使おう!

画像検索アプリを使う

画像検索アプリを使う

せっかく3か月以内に同じ薬局へ行ったのに、

お薬手帳を忘れてしまったので、結局「高い値段になってしまった!」

ということになってしまったら元も子もありませんよね。

しかし、いつなってしまうかわからないのが病気やケガ。

そして、体調が悪い中、頑張って病院まで行くときに、お薬手帳にまで気が回りませんよね。

そんな方にお勧めなのが「お薬手帳のアプリ」

今は各調剤薬局や、日本薬剤師会などからもでていますし、処方薬だけではなく、市販の薬の管理もできるものや、家族全員分の管理ができるものなど、各社多様なアプリがあります。

そんな数多くあるお薬手帳アプリからおすすめの3つをピックアップしていきます。

お薬手帳おすすめのアプリ3選

おススメするにあたって重要になることが、2点あります。

  • いつも行っている調剤薬局に対応しているか
  • e薬リンク(イークスリンク)に対応しているか

この2点を確認してください。

e薬Link(イークスリンク)とは

お薬手帳の相互閲覧サービスで、お薬手帳の内容をお互いに閲覧することのできるサービスです。

こちらも対応している調剤薬局でないと結局はダメなのですが、おおくの調剤チェーンは導入していますし、今後加入調剤やアプリもどんどん増えていくと思います。

病気でしんどい思いをしている時に

「このアプリではうちの調剤薬局は対応していません」と

いわれてしまったら精神的疲労はすさまじいです。

今回おすすめするアプリの基準

おすすめを選ぶにあたり

※調剤薬局が限定されているものは除きました。

※e薬Linkは現時点(2020.12)で対応が確認されているものです。

を抑えてあります。

全ての調剤薬局に対応しているものはそこまで大きな差がなく、基本的な機能はどのアプリも大きく変わりません。

◆ 基本機能

  • アプリから調剤薬局へ処方箋を送ることができる。
  • 調剤された内容をバーコード・QRコードからアプリ登録できる。

EPARKお薬手帳

 多機能でお薬手帳をアプリにするメリットを大いに実感できるアプリです。

【 メリット 】
  • 複数の病院の医療費をまとめて出力する機能がある。
  • 家族分(10人まで)同時に管理できます。

いくつかの病院にかかっている方は、まとめて出力ができると医療費控除の申請の際、計算しやすいので楽ですよね.

家族の分まで管理できるのは楽。ママには強い味方です。

【 デメリット 】
  • 多機能で使いこなせないことも。
  • 薬剤師からのコメントの欄があるが、ほぼ利用されない。

多機能すぎるのも一長一短です。

ダウンロードはこちらから↓

お薬手帳-予約もできるお薬手帳アプリ
お薬手帳-予約もできるお薬手帳アプリ
開発元:kusurinomadoguchi, inc.
無料
posted withアプリーチ

日薬eお薬手帳

日本薬剤師会が作ったアプリです。

従来のお薬手帳に貼られていたシールをアプリにしたような作りなので、大変シンプルです。

【 メリット 】
  • シンプルで使いやすい
  • 薬局で書くアンケートが既に入っている。

とにかくシンプルです。

薬局へ行った際に書くアンケート用紙がアプリの中に入っているので、既往歴や体質、ジェネリックの希望の有無を、あらかじめ伝えることができます。

【 デメリット 】
  • おしゃれさや特別な機能は少ないです。

シンプルな故にあまりデメリットは無いように感じます。

始めて使う方にはちょうどいいかもしれません。

ダウンロードはこちらから▼

eお薬手帳
eお薬手帳
開発元:JAPAN PHARMACEUTICAL ASSOCIATION
無料
posted withアプリーチ

おくすり手帳Link-簡単、便利な電子お薬手帳

飲み忘れに役立つ服薬スケジューラ機能や、処方箋を薬局に事前送信する機能も搭載しています。

【 メリット 】

スケジュール機能はありがたいです。

【 デメリット 】
  • スケジュール設定が少し大変。

ダウンロードはこちらから▼

おくすり手帳Link-簡単、便利な電子お薬手帳
おくすり手帳Link-簡単、便利な電子お薬手帳
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

お薬手帳で安くなる?まとめ

お薬手帳のまとめ

お薬手帳のまとめ

お薬手帳は複数の医療機関からの処方箋を持って行ったときに、重複している薬を減らしたり、副作用を早く見つけたり、組み合わせの悪いものや効果のかぶっている薬を見つけることができます。

他と同じ効果の薬が処方されることで、薬代が高額になりますし、万が一両方とも飲んでしまった場合は副作用の心配もあります。

それらを防ぐためには、「かかりつけ」を持つことが予防策の一つです。

かかりつけのクリニック、かかりつけの調剤薬局を持つことで、薬のチェックだけではなく、普段の状態や体質も理解してもらえるので、より良い医療を受けることができる可能性が広がります。

国は「かかりつけ薬局を持とう」と推進しています。

それを促進するために、料金を変えることで推進しようとしています。

その一つが「再来」で安くなるということです。

お薬手帳に関する料金以外でもメリットがありますので、かかりつけを一つ持つのは大切ではないでしょうか。

そして、「e薬Link(イークスリンク)」は、本当におすすめしたいポイントです。

思い出していただきたいことは、

従来のお薬手帳は調剤薬局へ持参した時にどうしていましたか?

受付で預けて、最後に返してもらっていましたよね。

薬局で見ず知らずの薬剤師さんや事務員さんに、ロックを外した状態のスマホを預けるのって怖いですよね。

預かることができないため、薬剤師さんは一瞬で見て、一瞬で判断しなければいけなかったりと、これではせっかくのお薬手帳が有効活用されていませんでした。

これが、リンクされることによって、きちんと確認した上で調剤ができるようになります。

せっかく、お金を払って薬をもらうのならば、「専門家」と言われている薬剤師さんをフルに活用して、安全により良いサービスを受けられるようになりましょう。

コメント