【裏話】魚へんに春でなんて読む?有名なことわざの由来も紹介

【 鰆 】 魚へんに豊で何て読む?豆知識
【 鰆 】 魚へんに豊で何て読む?

寿司屋では、湯呑の絵柄に「魚へん」の名前が、ズラっと書いてあるものもありますよね。

今回は「魚へん」に「春」と書いてなんと読むか、どんな魚なのかについてご紹介したいと思います。

魚へんに春「鰆」はなんて読む?

魚へんに「春」と書いて、サワラ(鰆)と読みます。

  • 漢字名:鰆
  • 訓読み:さわら
  • 音読み:シュン
  • 部首(へん):魚
  • 画数:20画
  • 英語名:Japanese Spanish mackerel

mackerelはサバという意味です。

学名:Scomberomorus niphonius
Unicode:U+9C06

鰆はスズキ目・サバ科に属する魚で、成長するにしたがって名前が変わる出世魚です。

地域によっても呼び方が変わります。

関東ではサゴチ<50cm以上でサワラ

関西ではサゴシ<ヤナギ<70cm以上でサワラ

身の見た目は赤くなく、白身魚として取り扱われることも多いですが、栄養成分は赤身の魚と同様です。

焼き魚、西京焼き、唐揚げで食べられます。

白身魚と赤身魚の違い
お魚の身が赤・白のどちらの色かで分けられています。しかし、明確な線引きがない魚も多くいます。ブリ・ハマチ・カンパチなどはどちらにも分類されます。寿司ネタで好きな方も多いシャケも、赤いですが、産卵後は身が白くなることで有名です。

【鰆】の漢字の成り立ち

魚へんの漢字

魚へんの漢字

鰆は、春先に多く獲れることから「春が旬の魚」を意味しています。

しかし、瀬戸内では春が旬ですが、関東で美味しくなるのは秋以降です。

特に12月を過ぎたものを「寒(かん)サワラ」とよび、冬が旬とされています。

春が旬といわれていますが、産卵のために沿岸に寄って来るため、瀬戸内近海では春に良く獲れますが、関東では秋から冬にかけては脂がのって美味しい時期です。

サワラの名前の由来は、

サが「狭い」、ワラが「腹」の意味で、細長く腹が狭いという見た目からの名前です。

漢字は他にも「馬鮫魚(だいこうぎょ)」と書きます。

馬面で、気性が鮫(さめ)のように獰猛であったことから「馬鮫魚」と表記されています。

また、同じ読み方で「大鮫魚(だいこうぎょ)」と書く、古代中国の海にいたとされる伝説の魚もいます。

不老不死を叶えるために仙境へ行く手を阻み、紀元前210年に始皇帝に射殺された魚です。

【鰆】と間違いやすい漢字

間違いやすい漢字

間違いやすい漢字

魚へんの漢字はたくさんありますよね。

その中でも「鰆」と「鯖」は間違えやすいと思っています。

鯖(さば)です。

鯖は有名どころで、単体で読むことは出来るのですが、魚へんの隣の「つくり」の部分の見た目が似ていますよね。

文章にすると読み間違えてしまいそうになります。

一瞬見た印象だけでは同じ漢字扱いです。

鯖(さば)は多くの慣用句でも使われる身近な魚です。

「鯖を読む」は適当に数をごまかすや、自分の都合の良いように数を言うという意味で、数を誤魔化すときに使う慣用句です。

由来はサバが腐りやすいので早口で数え、実際よりも多く数えて利益を得ようとしたことからだそうです。

他にも「秋サバは嫁に食わすな」も、旨い秋サバを憎い嫁に食べさせたくない説と、鮮度が落ちるのが早く食中毒を防ぐ親心説がありますよね。

「秋ナス」バージョンも体を冷やすからと案じる親心説もあります。

魚では「魳(カマス)」バージョンもあります。

【鰆】ってどんな魚?

なんですか?

なんですか?

大型の魚で大きくなると全長1m、重さも10kgを超えるものもあります。

体の色は全体的に銀色で側面に黒灰色の斑点が不規則に並んでいます。

細長い体と鋭い歯が特徴の大型魚です。

サワラは北海道の南部から本州、四国、九州の沿岸から朝鮮半島、東シナ海に及ぶ東アジアに分布しています。

水温が上がる春から秋にかけて回遊しながら小魚を食べ、水温が下がると深海に移動しながら生息しています。

漁獲量は福岡県の博多漁港、長崎県の長崎漁港、島根県の浜田漁港で多く獲られています。

瀬戸内も大きな漁場で、産地として有名ですし、岡山で値段が決まると言われるほど瀬戸内はサワラにとって重要な漁場です

サワラは回遊しますし、一生泳ぎ続けますし、栄養は赤身の魚ですが、見た目は白身魚に近い色をしていますし、味も白身寄りです。

身が柔らかいため、煮込み料理では身がほぐれてしまうので、焼き物や衣をつけた揚げ物で食べられるレシピが多くあります。

クセが少なく味が淡白なのでどんな料理にも合わせやすいことが特徴です。

淡白な味を生かすためにもオイルと合わせると旨みの幅が広がりますので、生で食べるとき刺身も美味しいですが、マリネもチャレンジして欲しいです。

青魚なので、刺身にする場合は鮮度が落ちないうちに処理をして、皮目をあぶると安全です。

柔らかい身の特徴を生かすためにも、加熱するときは唐揚げやソテーのように、周りに一枚衣をつけて、中の水分を保つようにするとフワフワの食感を活かすことができます。

また、柚庵焼きや西京みそ焼きなど、少し濃いめの味付けでも味が淡白な分、調味の味を引き立ててくれますし、焼く際は強火ではなく、弱火で中にゆっくりと火を通すと食感を残すことができます。

【鰆】魚へんに春でなんて読む?まとめ

魚へんの漢字の多くは見た目や旬の時期を表しています。

サワラは春告げ魚といわれるくらい、水温が15度と温かくなると海面の近くまで出てきて、出回る量も増えてきます。

ふわふわとした柔らかい身と、なんにでも合うクセのなさは、どんな料理でもアレンジして活用できます。

3、4、5月が多く出回る時期ですし、お店では切り身で売られていることがほとんどですので、見かけた時には献立の一つに加えてみてはいかがでしょう。

切り身で買うか、加工されたものを買うことがほとんどなので、全体像を見ることが中々ありませんが、これを機に、違いについても興味を持ってもらえたらと思います。

コメント