ブランドの名前がわからない時の対処法!読み方も紹介

ブランドの名前が わからない時の対処法豆知識
ブランドの名前が わからない時の対処法

ブランドロゴや商品名は思い浮かぶのに、ブランド名が思い出せないときありますよね。

また、ブランド名は分かるのに、なんて読めばよいのか分からないものも最近増えてきました。

メルカリやラクマといった、個人で行えるネット上のフリーマーケットが近年増加しています。

欲しいものを安く手に入るので、皆さんの中にも利用したことがある人も多いはず!

一方で、購入とは異なる目的で、部屋の断捨離のために必要のなくなったものを出品したことがある人もいるのではないでしょうか?

このように、自らブランド名で商品を探したり、自分の持ち物を出品したりする機会があり、ブランド名に触れることが多くなってきました。

そんな時、よく起こるのが商品名は分かるのに、ブランド名が分からず困ってしまうことです。

今回は、自分の持っている商品を売るときに、ブランド名が分からないトラブルを解決する方法を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ブランドの名前がわからない時は画像検索アプリを使う

画像検索アプリを使う

画像検索アプリを使う

ブランド名が分からなくても、特徴的な商品であれば、

画像検索によってブランド名が分かるかもしれません!

今の時代は、画像から画像を検索できるのですよ!

とても便利ですよね!

今回は、その中でもおすすめのアプリを3つ紹介いたします。

  • 画像検索-for iPhone

こちらはiPhone専用のアプリケーションのみとなるため、Androidの方は使えません。

Googleやネットショッピング見る商品から類似画像、まで一斉検索をしてくれるのです。

似た商品からブランド名を推測することができますよね!

また、今回はブランド商品として紹介していますが、

普段の生活で見つけた花や生き物など、自然のものも写真を撮るだけで、検索をかけることができます。

とてもワクワクしませんか?ぜひ、試してみてくださいね!

  • 画像検索

こちらはAndroid専用のアプリケーションです。

1つ目とは異なり、画像による検索はできないのですが、キーワード検索することで、類似する画像を一度に大量に表示してくれます。

また、保存するのも簡単なので、ネットフリマでは、実際の商品写真だけでなく、商品画像も載せると売れやすくなるので、ぜひうまく活用してみてください!

  • Clipbox画像検索

こちらは両方に対応したアプリケーションでGoogle、Bing、Yahoo!の3種類のサイトを素早く切り替えることができるので、なかなか見つからない類似品を効率よく、そして幅広く探すことができます。

アプリ自体にフォルダを作成することができるので、検索と保存を一度に行うことができるのがポイントです!

以上の3つとなります。

それぞれ特徴が異なるので、ぜひ自分にあうアプリケーションを探してみてくださいね!

今回は日本語でも使用しやすいものを紹介しましたが、英語表記でグローバルな検索ができるアプリなどもあるので、調べてみてください!

ブランドの名前がわからない時はショップへ査定に出す

買取ショップへ持っていく

買取ショップへ持っていく

ブランド名が分からずに、ネット上のフリマに出品しても売れないこともよくあります。

欲しい人たちは商品名やブランドで検索をかけていることが多いので、

もし、ブランド名が分からなければ、ネットではなく、まず、買取ショップに査定だけ出すことで、本当の商品名を知ることができます。

少し時間のかかる方法ではありますが、専門家に査定してもらうのが一番正確な方法です。

今回は、実際に買取ショップに査定を出す方法を紹介します。

  • 大黒屋

買取ショップ大手の大黒屋も今は、宅配買取を行っています。

査定含め往復の送料も無料となっています。

もし、その金額に満足していればそのまま売ることも可能なのですので、とても良いですよね。

また、LINE査定やメール相談なども受け付けているので、もし、宅配買取までは申し訳ないと感じる方は、そちらの利用もおすすめします!

  • 楽天買取

宅配買取も可能ですが、オンラインでビデオ通話しながら査定することが可能です。

家にいながらも実際の商品を直接自分で見せることができるのが良いですね!

その場で、査定していただけるので、納得できれば終了後に送られるURLに沿って手続きするだけです。

査定自体は無料で行うことができるので、いくつか商品を見てもらいたい時などはとても便利ですね。

パソコンだけでなく、スマホでも可能なので、誰でも査定を行えるのが良いですね。

ブランド名自体の読み方がわからない時は

読みにくいブランド名

読みにくいブランド名

初めて見たときに読むことが難しいブランドも沢山増えてきました。

今回は、特に読み方が難しいブランドを一部紹介します。

A.P.C(アーペーセー)

「エーピーシー」ではないのでお気を付けて!

agnes b.(アニエスベー)

最近若者に人気のブランドで、ロゴTシャツは知っている方も多いはず!

CA4LA(カシラ)

オリジナルの帽子も扱う帽子ブランドです。

XLARGE(エクストララージ)

ストリートブランドで、エックスラージと読みそうになるので注意してください!

Supreme(シュプリーム)

最近、流行しているブランドなので知っている方も多いはず!

Saint Laurent(サンローラン)

こちらは有名なので、ハイブランドが好きな方は特に知っているでしょう。

5351 POUR LES HOMMES(ゴーサンゴ―イチプールオム)

フランス語になるので、少し読み方に癖があります。

999.9(フォーナイン)

シンプルな名前ですね!メガネブランドになりますが、読み方は覚えやすいですね。

DSQUARED2(ディースクエアード)

2は読まないので気を付けてくださいね!

4℃(ヨンドシー)

日本でも有名なジュエリーブランドです!男性の方知らないと恥ずかしくなることもあるので、ぜひ覚えてくださいね!

今回は10個紹介しました。

他にも世界のブランドをみると、難しい名前ばかりですので、ぜひ調べて覚えてみましょう。

格好つけてブランド名を言ったら、違うなんて恥ずかしいことがないように気を付けましょう。

ブランドの名前がわからない時の対処法のまとめ

今回は、ブランド名が分からないときの対処法を紹介いたしました!

ネット上のフリマで使うときは、画像検索などを行うと類似品から名前を予測することができるので、ぜひ活用してみてください。

また、買取ショップで査定してもらうのも1つの方法です。

家にいながら、簡単にできるものばかりで、もし査定に納得がいけばそのまま簡単に取引できるので、試してみるのもいいですね!

今は、特にこだわった名前も多いので、分からなくても仕方ないでしょう。

特に、難しい名前は多くの人が読めずに困っているものなので、ネットで検索すると出で来ることもあるので、ぜひあきらめずに探してみてください!

ブランド名が分からなくなった時は、今回紹介した情報をぜひ参考にしてくださいね。

コメント