アンパンマンカレーはいつから食べていいの?おすすめの食べ方は?

アンパンマンカレーはいつから食べていいの?おすすめの食べ方は?育児
アンパンマンカレーはいつから食べていいの?おすすめの食べ方は?

スーパーで目にする子供用のレトルトカレー。

中でも、アンパンマンカレーは大人気です。

アンパンマンカレーは、手軽で子供が好む味付けです。

パクパク食べてくれるので、手抜きしたい時や子供が食事を嫌がった時には大活躍してくれました。

でも、離乳食が終わったばかりだと、もうアンパンマンカレーを食べさせてもいいの?と迷っているママもいるのでは?

アレルギーを心配しているママもいるかもしれませんね。

今回は、アンパンマンカレーをいつから子供に食べさせてもいいのか、原材料やアレンジレシピをご紹介していきます。

この記事を読めば、あなたの心配はなくなるはずです!

アンパンマンカレーは1歳頃から

アンパンマンカレーのパッケージを見てみましょう。

パッケージには、「離乳食の終わった1歳ごろから食べられます」と書いてあります。

子供の離乳食完了期は12か月から18か月。

パクパク期とも呼ばれ、大人と同じ物を食べ始める時期です。

アンパンマンカレーを食べられる1歳ごろは、丁度この離乳食完了期。

まだ大人のように大きな物や固い物を食べられない時期ですが、アンパンマンカレーはこの時期にぴったりなんです。

アンパンマンカレーは野菜も肉も細かく刻まれていて、子供のことを考えたカレー。離乳食完了期の子供にも食べやすくなっています。

ただ、離乳食が終わる時期には個人差があります。1歳になっていても、まだ固形物が苦手というような場合は、アンパンマンカレーは避けた方がよさそう。

子供の成長に合わせて、アンパンマンカレーを食べさせてあげてくださいね。

アンパンマンカレーの原材料

アンパンマンカレーの原材料は、下記の通りです。

炒め玉ねぎ(玉ねぎ、なたね油)(国内製造)、野菜(人参、じゃがいも)、砂糖、豚肉、トマトペースト、カレー粉、ポテトフレーク、食塩、ポークエキス、酵母エキス、かぼちゃペースト、ほうれん草ペースト、ブロッコリーペースト、にんにく、オニオンパウダー/糊料(加工でん粉)

野菜もしっかりと使われていますよね。

また、アンパンパンカレーはなんと、香料、着色料、化学調味料を使っていません。

子供の口に入る物ですから、これは安心できますね。

さらに、アンパンマンカレーは卵、乳、小麦、そば、落花生、大豆が不使用です。

卵やそばにアレルギーがある子供は多いです。でも、アンパンマンカレーなら、食べられますね。

なお、原材料は変更になる場合があります。

気になる方は購入前にパッケージの表示などでご確認をお願いします。

アンパンマンカレーのおすすめポイント

おすすめポイントは3つあります。

  • 小分けパックになっている
  • 常温で食べられる
  • おまけシールがついている

小分けパックになっている

一人前50gが小分けで2パック入っていることが、1つ目のおすすめポイント。

これは、子供用にはありがたいですよね。

少ししか食べない年齢の頃は1パック。たくさん食べるようになってきたら2パックとすれば、残すこともありません。

カレーだけでなくて、他の物も食べさせたいという時にも便利です。

常温で食べられる

2つ目のおすすめポイントは、常温で食べられること。

子供のうちは、熱い物が苦手です。

温かいご飯にアンパンマンカレーを常温のままかければ、丁度いい温度でパクパク食べてくれるはず。

うちの子がまさにそうでした。口コミにも同じような意見が多いようですよ。

また、子供の非常食としてもおすすめです。

おまけシールがついている

最後の3つ目のおすすめポイントは、おまけでシールが1枚入っていること。

うちの子の場合は、お気に入りのキャラクターのシールが入っていると、とても嬉しそうにしていました。

アンパンマンが好きな子だと、シールが欲しくてご飯をたくさん食べてくれるかもしれませんね。

ただ、ベタベタとその辺にシールを貼られてしまう危険があります。

アンパンマンカレーのレシピ

アンパンマンカレーはそのまま食べるだけでなく、手軽にアレンジができます。

ここでは、アンパンマンカレーを使ったレシピを2つご紹介します。

カレードリア

1つ目は、カレードリアです。

作り方は簡単。アンパンマンカレー1パックと子供用のご飯茶碗一膳分のご飯、溶けるチーズを用意してください。

次にご飯とアンパンマンカレー半分を混ぜ、耐熱皿に入れます。

後はチーズをお好みの量のせて、トースターで焦げ目がつくまで焼けば、出来上がり。

アレンジで、コーンやブロッコリーをのせてマヨネーズで少し味のアクセントを加えてから、チーズをのせても美味しいですよ。

カレーチャーハン

次のレシピは、カレーチャーハンです。

小さめのウィンナー1本、解凍したミックスベジタブル15g、卵2分の1個、子供用のご飯茶碗に軽く一膳分のご飯、そしてアンパンマンカレー1パックを用意しましょう。

最初に卵を中火で炒め、次にご飯とウィンナーを入れて炒めます。

次に解凍したミックスベジタブルとアンパンマンカレーを小さじ2杯分入れ、炒めます。

カレーがご飯になじんだら、出来上がりです。

アンパンマンカレーは簡単にアレンジができるので、忙しい時に便利です。

少し手を加えるだけでカレーとはまた違う一品が出来上るので、飽きがこなくていいですよね。

どちらも簡単ですので、是非作ってみてくださいね。

アンパンマンカレーがお店にない時は?

今日はカレーにしようと、買い物に行ったのにアンパンマンカレーがなかったら。

アンパンマンカレー以外にどのカレーがいいのかと、迷ってしまいますよね。

そこで、アンパンマンカレー以外のおすすめのレトルトカレーをご紹介します。

私は、「カレーの王子さま・2個パック」をおすすめします。

アンパンマンカレーと同じように1歳から食べられるレトルトカレーです。

2個パックというのも同じ。

カレーの王子さま・2個パックは、化学調味料無添加です。

また、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、大豆を使っていないので、アレルギーがあっても安心です。

なお、材料は変更なる場合もありますので、購入の際にパッケージなどでご確認くださいね。

アンパンマンカレーはいつから食べていいの?まとめ

アンパンマンカレーはいつから食べられるか、原材料やアレンジレシピをご紹介してきました。

アンパンマンカレーは離乳食が終わった1歳ごろから食べられるカレーです。

化学調味料、香料・着色料は無添加というのも安心です。

やっぱり、子供が口に入れるものは安全な物を食べさせたいですよね。

卵、乳、小麦、そば、落花生、大豆を使っていないというのも、アレルギーのあるお子さんには安心です。

具が小さく刻まれているので、離乳食が終わった子供のカレーデビューに最適なカレーと言えるかもしれません。

そろそろカレーデビューさせてもいいかなと思ったら、アンパンマンカレーを試してみてはいかがでしょうか?

コメント