コープの離乳食キューブは店舗でも変えて超お得!アレンジレシピも紹介

コープの離乳食キューブは店舗でも変えて超お得!アレンジレシピも紹介家事
コープの離乳食キューブは店舗でも変えて超お得!アレンジレシピも紹介

赤ちゃんに離乳食はとても大切なもの。

離乳食は母乳やミルクを卒業するステップであり、消化機能の発達や授乳だけでは足りない栄養を補う面もあります。

でも、離乳食作りはママにとっては大変な作業です。

野菜をすりつぶす、裏ごしする。片栗粉でとろみをつけるなど。

こんな風に離乳食作りは手間も時間もかかり、ママの負担になることも。

そこで、おすすめなのがコープの離乳食キューブです。

野菜のペーストを冷凍したもので、少量がキューブ状態で冷凍されています。

使い方も簡単でアレンジも自由自在なんです。

この記事ではコープの離乳食キューブについて紹介します。

離乳食作りの負担の軽減にきっと役立ちますよ!

コープの離乳食キューブとは?

コープは生活協同組合の略称。

ただ、一口にコープ・生協と言っても地域で様々なコープ又は生協と名がつく団体があります。

そのなかでも、関東中心に宅配事業を展開しているのがパルシステムです。

パルシステムの宅配は、商品数も多くてとても便利。もちろん、離乳食もそろっています。

ここでは、パルシステムの離乳食キューブを紹介します。

パルシステムの離乳食キューブは二種類があります。

yumyum産直うらごし・キューブ野菜シリーズ

このシリーズの種類は全部で五種類です。

それぞれ、産直野菜を裏ごしやあく抜きしてペースト状で冷凍してあります。

  • yumyum産直うらごしコーン(15個)
  • yumyum産直うらごしにんじん(15個)
  • yumyum産直うらごしじゃがいも(16個)
  • yumyum産直うらごしかぼちゃ(15個)
  • yumyum産直ほうれん草キューブ(12個)

こんな感じのパッケージです。

袋の中は製氷皿で作った氷みたいにキューブ状になっています。

yumyum国産野菜のバランスキューブ シリーズ

二種類のキューブが入っているのが特徴です。

  • yumyum国産野菜のバランスキューブ黄・緑(12個×二種)
  • yumyum国産野菜のバランスキューブ赤・白(12個×二種)

黄のキューブはかぼちゃ、にんじん、玉ねぎ入り。

緑のキューブはかぼちゃ、とうもろこし、ほうれん草、マッシュポテト入り。

赤のキューブはトマト、にんじん、玉ねぎ入り。

白のキューブはさつまいも、大豆、玉ねぎ入り。

栄養バランスが考えられたキューブなので、忙しいママパパにはおすすめの商品です。

コープの店舗にも売っているから送料不要!

コープと言うと、宅配のイメージがありますよね。

宅配の場合、離乳食を買うために生協に加入するのは面倒……。利用頻度が多くないから迷う。なんて方もいるのでは?

でも、関東を中心に展開する「コープデリ」の店舗では、離乳食キューブが買えます。

コープデリの店舗には、コープに加入していない人も入れます。

また、肉や野菜など生鮮食品が販売されていて、普通のスーパーとまったく同じです。

店舗で購入すれば、配達料はもちろん無料ですし、コープの商品を気軽に買いたいという方におすすめです。

コープデリの店舗で売っている離乳食キューブは「CO-OP きらきらステップ 国産野菜のなめらかキューブ」シリーズと言います。

CO-OP きらきらステップ 国産野菜で作ったなめらかキューブ

3種類が販売されています。

  • 国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草と小松菜&おいも(6個×二種・関東・甲信越限定)
  • CO-OP きらきらステップ 国産野菜で作ったなめらかキューブ 五種の緑黄色野菜&根菜(6個×二種)
  • CO-OP きらきらステップ 国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草(十二個/関東・甲信越限定)

現在、コープデリの店舗で離乳食を扱っているのは50店舗です。

東京エリア15店舗、埼玉エリア16店舗、千葉エリア7店舗。その他、茨木2店舗、栃木4店舗、群馬4店舗、長野2店舗となります。

気になる方はお近くの店舗にご確認をお願いいたします。

一度は行きたい関東最大級『コープ葛飾白鳥店』

コープ葛飾白鳥店は、関東最大級のコープの店舗です。

2019年にコープデリを運営するコープみらいがオープンさせました。

薬局や衣料品店、フィットネスセンターなどを併設したショッピングセンターです。

売り場の面積は約1950㎡。

広々とした店舗に野菜や肉など商品がずらりと並んでいます。

生鮮食品に力を入れており、野菜、肉、魚の種類が豊富。

店内加工のカップサラダや寿司、焼き魚などの総菜も充実しています。

そして、もちろん、コープの商品が幅広く取り揃えられています。

ない商品がないと言ってもいいかもしれません。

冷凍食品売り場も広く、上で紹介したきらきらステップのシリーズも取り扱いがあります。

コープの商品を買うなら、一度は行ってみたい店舗ですよね。

離乳食キューブを使ったアレンジレシピ

コープの離乳食キューブは小分けしてあるのでアレンジが簡単にできます。

手軽にできるアレンジレシピを三つ紹介します。

とうふとキューブのポタージュ【離乳食初期5~6か月頃目安】

どのキューブでも作れます。

  • キューブを解凍しておく
  • 豆腐20gを熱湯で約1分茹でてすりつぶし、だし汁小さじ2杯程度で伸ばしておく
  • 豆腐を器に盛り、キューブを上にのせる

コーンのうどん【離乳食中期7~8か月目安】

yumyum産直うらごしコーン使用。

  • うどん40gを柔らかく茹でて、粗めにつぶしておく
  • 小鍋にうらごしコーンのキューブと水大さじ4杯を入れて火にかける
  • うどんを小鍋に入れて、水溶き片栗粉でとろみをつける

ほうれん草キューブのオムレツ【離乳食後期9~11か月目安】

CO-OPきらきらステップ国産野菜で作ったなめらかキューブほうれん草、yumyum産直ほうれん草キューブのどちらかを使用。

  • ほうれん草キューブは解凍しておく
  • 耐熱容器で卵二分の一個を溶き、ほうれん草キューブ、片栗粉小さじ四分の一程度、水大さじ一杯を入れて混ぜる
  • 耐熱容器にラップをして、電子レンジ500Wで20秒温めて混ぜる。これをまわりが固まるまで繰り返す
  • まわりが固まってきたらラップに包み、オムレツの形に整えてさらに20秒レンジで加熱する・器に盛る

コープの離乳食キューブは、このように離乳食初期から後期まで使えます。

冷凍の小分けですので、使いたい時に手軽に使えるので便利ですよ。

あなたもコープの離乳食キューブを使って、離乳食のアレンジをしてみてはいかがでしょうか?

コープの離乳食キューブまとめ

コープの離乳食キューブを紹介してきました。

紹介したキューブは二種類。

宅配のパルシステムのyumyumシリーズのキューブ、店舗で買えるCO-OP きらきらステップのシリーズのキューブです。

どちらも小分けで冷凍してあり使い勝手がとてもいいです。

使用している野菜の種類も豊富ですので、赤ちゃんに食べて欲しいものが選べるのもいいですよね。

コープのキューブは解凍するだけで使え、アレンジも簡単です。きっと、ママ達の離乳食作りの大きな助けになるはずですよ。

あなたの離乳食作りにこの記事が参考になれば嬉しいです。

コメント