生クリームの代用なら豆乳がおすすめ!選び方や作り方を紹介

生クリームの代用なら豆乳がおすすめ!選び方や作り方を紹介豆知識
生クリームの代用なら豆乳がおすすめ!選び方や作り方を紹介

最近の健康ブームで、ヴィーガンやベジタリアンになった方もいるかと思います。

そこまででなくても、脂質や糖質に気を使い健康的な食事に切り替えた方も多いのではないでしょうか?

でも、時々は甘いものやコッテリしたものを食べたくなる事もあるかもしれません。

そんな時におすすめなのは、豆乳を使った料理やデザートです。

例えば、デザートによく使われる生クリームですが、カロリーが高くて避けているという方もいると思います。

しかし、豆乳を使えば脂質と糖質を抑えられて、生クリームの代わりにもなるんです。

今回は、どの様な豆乳を選べばいいのか、また豆乳を使った料理やデザートの作り方もご紹介します。是非、参考にしてください。

生クリームの代用に豆乳がおすすめの理由

生クリームの代用として豆乳がおすすめの理由は、動物性脂肪ではないため、カロリーが抑えれれて、アレルギーの心配も軽減できるところです。

ひと昔前の豆乳は、ちょっと臭みがあるイメージがありました。

しかし、最近の豆乳は、全然違います。

おいしい上にヘルシーですから生クリームの代用にはもちろん、コーヒーや紅茶にいれるミルクの代わりにも豆乳はおすすめです。

生クリームは動物性の脂肪が含まれていますので、アレルギーがある子供たちも多いです。また大人でもカロリーが気になって控え目にしている方が多い様に思います。

その点、豆乳であれば、原材料は大豆ですからアレルギーがある人も少ないです。

また、カロリーが非常に低いですから安心して沢山使うことが出来ます。

生クリームだと乳製品アレルギーを持っている子供たちは意外と多いので、使うことためらってしまう場合もあります。

ですから、子供たち同士の誕生日パーティーや全員のアレルギーなどを確認しなければいけないシーンでは、リスクのある生クリームを避けて、豆乳クリームでケーキやカップケーキを作る方が安心でしょう。

生クリームの代用に向いている豆乳とは?

飲む豆乳やコーヒーや紅茶のミルクの代わりにいれる豆乳、そして、生クリームの代用に向いている豆乳など色々な種類が売っています。

その中で生クリームの代用に向いているのは「どれでも大丈夫」です。

そもそも、生クリームは、牛乳を遠心分離機にかけ、乳脂肪分以外の成分を取り除きます。

そして、それを凝縮して出来たのが生クリームです。

豆乳は、お豆腐を作る時に、大豆をすり潰しますよね?

それに水を加えて煮詰めたのちに絞ったものです。

生クリームと豆乳は、作る工程が全然違いますが、豆乳でも十分に生クリームの様な味や食感のする豆乳クリームを美味しく作ることが出来ます。

豆乳は大豆のおかげでコクが出ますし、少し生クリームに比べると水っぽいですが、分量にさえ気をつけて作れば、ヘルシーでおいしい豆乳クリームを簡単に作ることが出来ます。

豆乳を買う時に気をつけたいのは、飲み切れる、使い切れる量を買うことです。

うちでは、家族全員でコーヒーや紅茶のミルクに豆乳を入れているので、結構すぐに使い切れます。

家族の中で一人しか飲まない場合は、一番小さいサイズを購入して使い切れるか様子を見てください。

開封後は必ず冷蔵庫で保管してなるべく早くに飲み切ってください。

マルサンアイのソイ プレミアム 一つ上の豆乳は味が美味しくて飲みやすいです。

また、定番のキッコーマン おいしい無調整豆乳には色々な味がありますので、気分で買えて変化を楽しむのも面白いです。

小さい子どもたちには、色々なフレーバーを変えておやつの時間に出すと楽しんで飲んでくれます。

キッコーマンの無調整豆乳も定番中の定番ですが、おいしいです。

豆乳のホイップクリームの作り方

さて、簡単な豆乳クリームの作り方をご紹介します。

ケーキやカップケーキのデコレーションには欠かせない、ホイップクリームも豆乳で作ることが出来ます。

  1. 豆乳(キッコーマンのおいしい無調整豆乳)75グラム
  2. サラダ油 130グラム
  3. 砂糖 大さじ3程度
  4. レモン汁 小さじ1程度

レモン汁をいれる前に、1〜3をしっかりブレンダーで混ぜておく、最後に酸味のあるレモン汁を混ぜる。

酸味のあるものをいれると固まるので、最後に入れるのがポイント。

少しクセが残りますが、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使っても大丈夫です。

お砂糖は、基本は白いお砂糖ですが、うちでは気分で黒砂糖や他の種類の砂糖で作ることもあります。

特に見た目や味に変わりはないので、健康志向の強い方は、黒砂糖で作ると良いかもしれません。

豆乳クリームを使ったレシピ

私の家では、朝、お湯を沸かして、コーヒーや紅茶にいれる豆乳をスチームすることから朝が始まります。

ブラックで飲むよりも、胃に優しいので家族全員が豆乳にハマっています。

ちなみに、同じ様にして豆乳で抹茶ラテやチャイラテを作ることもできますので、豆乳もスチームできるスチーマーが一台あると非常に便利です!

その他にも豆乳を使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

豆乳ジェノベーゼパスタ(二人前)

  • ペンネかスパゲッティなどのパスタ(200グラム)家族の量に合わせて調節。
  • バジル(一袋程度)を丁寧に一枚ずつ手で洗い、松の実(少々)とニンニク(少々)をスライスしたものを合わせてミキサーにかける。
  • ミキサーにかけてペースト状になる直前に豆乳(適量)を足す。
  • 茹でたパスタとミキサーにかけたソースを混ぜ合わせる。

簡単なのに、生クリームを入れない分カロリーが制限されます。

豆乳と苺のババロア(二人前)

  • 絹豆腐(一丁)を準備する
  • 苺(1パック)を豆腐と一緒にミキサーにかける。
  • 本来は、コンデンスミルクを入れるが、コンデンスミルクは少量だけにして、代わりに豆乳と蜂蜜を少々混ぜ合わせてミキサーにかける。
  • 全てを器に流し入れ、ゼラチンを足して固める。
  • お好みのトッピングでブルーベリーやスライスした苺を飾る。

生クリームの代用なら豆乳のまとめ

今回は、生クリームの代用に豆乳を使うことについて書きました。

昨今の健康ブームで、動物性の油や乳製品を控えているご家庭も多いかと思います。

また、子どもたちに乳製品アレルギーがある子もいるの、そんな時には、生クリームの代用に豆乳をおすすめします。

豆乳は、スーパーでもネットショッピングでも割とどこにでも売っていますし、値段的にも手軽に始められるので、是非、豆乳でヘルシーで健康的なおいしいお料理やお菓子を作ってみてください!

コメント