焼きそばは何歳から食べられる?麺類の食べ始めで気を付けたいことをまとめてみました。

焼きそばは何歳から食べられる?麺類の食べ始めてで気を付けたいことをまとめてみました。 育児
焼きそばは何歳から食べられる?麺類の食べ始めてで気を付けたいことをまとめてみました。

焼きそばって美味しいですよね。

子供にも人気のメニューですし、焼きそばが大好物のお子様も多いでしょう。

しかし、そんな焼きそばですが、何歳から食べられるのでしょうか?

お子様がまだ離乳食の時には焼きそばを食べさせるのは何だか不安ですよね。

また、焼きそば以外にも麺類全体はどうなっているのでしょうか?

ここではそんな焼きそばは何歳からかや、麺類を食べる時の注意点を紹介していきます!

焼きそばは何歳から?

焼きそばですが大人になって考えてみるといつの間に好きになっていましたよね。

焼きそばはいつの間に食べていて好きなメニューになっていて、

明確にいつから食べ始めたかは覚えていない人がほとんどでしょう。

もし自分の子供に焼きそばを食べさせる場合ですが、何歳からが良いのでしょうか?

結論から言えば1歳ごろからが良いとされています。

詳しく解説をしていきます。

幼児期ですが、大体3ヶ月を過ぎたぐらいから離乳食が始まります。

この時期は離乳食初期と呼ばれていて、子供は歯も生え始めです。

そしてその時には焼きそばはもちろんNGです。

基本的には柔らかく薄味のものを食べるようにして、

市販の離乳食パックなどを使うことが多いでしょう。

その後子供が食べることに慣れていき、大体1歳を迎える頃に離乳食完了期に入ります。

この離乳食完了期ですが、子供が食べられる硬さとしては柔らかいバナナぐらいになります。

なので焼きそばも柔らかめに蒸せば十分に食べることができます。

実際にこの時期になると焼きそばを食べさせるご両親も多いです。

1歳児用のソースなども市販されており、そのような商品は甘さが強かったり、子供でも食べやすい味付けになっています。

子供でもソース味は好きなことが多く、

嫌いな野菜を焼きそばにしてソース味にしたら好んで食べてくれたという声も聞かれます。

ですので親御さんからしても焼きそばはとても助かる料理ですね。

これらの年齢にはもちろん個人差があります。

ぜひお子様の成長具合をみて、焼きそばを食べさせてあげてくださいね。

麺類を選ぶ時の注意点

焼きそば以外にも様々な麺類があります。

麺類によって子供の好き嫌いもありますし、原材料も違ってきます。

なのでいくら焼きそばなどの麺類が食べられるようになったからといって、

全ての麺類が食べられるわけではありません。

麺類を選ぶ際には以下の点に注意をしましょう。

アレルギーに注意

焼きそばやラーメン、うどん、パスタなどの麺類の場合は原材料は小麦粉になっています。

子供によっては小麦粉にアレルギー反応を示すこともあるので、

最初に食べる際には少しずつ与えるなどして注意をするようにしましょう。

事前にアレルギーチェックをしておくのも良いです。

小麦粉アレルギーの場合、食べられるものが限られてしまいますが、

近年は小麦粉が使われていないグルテンフリーの食品も多くなっています。

なのでそのような麺類や食事を心がけるようにしましょう。

小麦粉以外にも、そばには蕎麦粉、ビーフンは米粉など、

麺類によって原材料は違く、それぞれにアレルギーがある可能性があります。

子供のアレルギーを把握しておくのは親の大事な役目ですので、

しっかりと確認しておくようにしましょう。

塩分に注意

麺類には麺を固めるために食塩が使われています。

それに加えて味付けとして塩分が高くなってしまうことがあるので、塩分に注意をしましょう。

子供のことから塩分を過剰に摂取をすると、体にもよくありません。

なので麺類を選ぶ際には子供用の麺類もあるので、それらを選ぶと良いでしょう。

麺類を食べる時の注意点

麺類を食べる時も、いくつか注意点があります。

続いて麺類を食べる時の注意点も紹介していきましょう。

麺類を食べる際ですが、以下の点に注意をする必要があります。

柔らかく茹でる

上記のように1歳の頃に食べられる硬さとしては大体柔らかいバナナぐらいになります。

焼きそばに限らず麺類ですと、大人用ですとこれよりは硬いですよね。

麺類を食べる際には、できるだけ柔らかく茹でてあげるようにしましょう。

薄味にする

味付けも基本的には薄味にする必要があります。

塩やソースなど大人が好きな味付けにすると、子供にとっては少し味が濃すぎることが多いです。

離乳食パックには麺類のメニューも多くあります。

薄味にするといっても味付けがわからない場合、

そのような離乳食の味付けを参考にするのも良いでしょう。

短く切る

麺類の醍醐味といえばズルズルとすすることですよね。

しかし、麺類が食べられるようになったばかりの子供ではまだすするのは無理です。

なので麺類を食べる際には、食べやすく切ってあげるようにしましょう。

麺類の食べ始めの頃は、みじん切りから1cmほどの長さにするのがおすすめです。

それではあまり麺類という感じもしないですが、

食べるのに慣れてきたら徐々に長い麺も食べられるようになるので大丈夫ですよ。

麺類を食べる際にも親はしっかりと考える必要があります。

大人と一緒には考えないで、

あくまでも子供が食べやすいようにしっかり配慮をしてあげてくださいね。

麺類を使った離乳食レシピ

では麺類を使った離乳食レシピも紹介してきます。

ミルクうどん

【 材料】

・うどん 適量
・牛乳 100cc
・コンソメキューブ 半分
・野菜 適量

ミルク味は子供にも人気で離乳食にも取り入れやすいです。

ミルクを適量柔らかく煮て、細かく切ります。

スープにはミルクを煮たら、コンソメキューブを入れればOKです。

そのほか、味噌や和風だしでも美味しくいただけます。

あとはお好きな野菜を細かく切って一緒に煮れば完成です。

味見をして濃いようであれば薄めて食べさせましょう。

ミネストローネパスタ

【 材料 】

・パスタ 適量
・トマト缶 半分
・コンソメキューブ 半分
・野菜 適量

トマト味が美味しいミネストローネも人気の離乳食ですね。

トマト缶にコンソメキューブを入れたら簡単に完成。

野菜を細かく切ってたくさん入れたら野菜も食べることができます。

もちろんスープとしても良いですが、その中に細かく切ったパスタなどを入れると、

最初の麺類としても食べやすいですね。

もちろんマカロニなど、初めから食べやすいサイズになっているものでもOKです。

ぜひ麺類を使った離乳食レシピを試してみてくださいね。

焼きそばは何歳から食べられる?まとめ

焼きそばですが、大体1歳頃から食べられるようになることが多いです。

ただ焼きそばに限らず、

麺類を食べる際にはアレルギーや塩分などに注意をするようにしましょう。

麺類はうまく使えば離乳食にも有効活用できます。

ぜひお子様の成長に合わせて麺類を食べて、美味しく味合わさせてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました