【業務スーパー】プロテインバーのコスパ最強すぎ!!安全性や食べた感想を紹介

【業務スーパー】プロテインバーのコスパ最強すぎ!!安全性や食べた感想を紹介豆知識
【業務スーパー】プロテインバーのコスパ最強すぎ!!安全性や食べた感想を紹介

以前はプロテインと聞くと、ジムに通って筋肉ムキムキの人が食べる物・飲む物とい

イメージがありました。

でも最近では、高たんぱくということや、栄養の面でプロテイン関連の食品の人気が広がっていますよね。

中でも、手軽に買えるプロテインバーは、小腹が減った時のおやつや、ダイエットの時に食べると言う方は多いのではないでしょうか。

簡単に栄養が取れ、かばんに入れておけるのでおやつや携帯食に最適ですよね。

でも、プロテインバーは案外、コスパが悪いと思いませんか?

一般的なプロテインバーの値段は1本おおよそ100円。

あんなに小さいのにコスパが悪いと思ったあなた。

実は、業務スーパーのプロテインバーがコスパ最強なんです!

なんと、1本58円(税抜き)です。

今日はこのコスパ最強の業務スーパーのプロテインバーに注目しました。

原材料や食べた感想を紹介します。

最期まで見ていって下さいね。

【業務スーパー】正式名称はエナジーバー

業務スーパーのプロテインバーの正式名称は、エナジーバーです。

エナジーバーはポーランドのBAKALLANDという会社が販売している物。原産国はポーランドです。

調べてみると、この会社のプロテインバーは現地ではメジャーな物のようです。

プロテインバーにはクッキータイプのものとシリアルタイプのものがありますが、業務スーパーのエナジーバーはシリアルタイプです。

値段は1個58円(税抜き)。

種類は「クランベリー&オレンジ」、「ココナッツ&チアシード」など5種類ほど。

店舗により、いろいろな種類が売られているようです。

この値段なら、健康の為に買い続けることも、店舗にある全種類を買って好みの味を見つけることも手軽にできますよね。

なお、値段と種類は変更になる場合がありますので、ご了承ください。

【業務スーパー】エナジーバーの原材料

「クランベリー&オレンジ」の原材料を例として紹介します。

マルチトール、オートミール、ヨーグルトグレーズ、(植物油脂、ホエイパウダー、砂糖、脱脂粉乳、ヨーグルト粉末、ココアパウダー)、加糖ドライクランベリー、米粉、コーングリッツ、とうもろこし粉、マルトデキストリン、はちみつ、植物油脂、ドライオレンジピール、食塩/乳化剤(大豆由来)、ソルビトール、PH調整剤、香料。

これが、「クランベリー&オレンジ」の原材料です。

マルチトールとは、澱粉から作る麦芽糖を原料とした糖アルコール。植物由来の甘味料です。

マルトデキストリンは、澱粉を酵素分解した炭水化物源。

パッケージには、「GUILT FREE」「GLUCOSE SYRUP0% 」、「 HYDROGENATED FATS0%」と記載されています。

これはそれぞれ、「罪悪感なく食べられる」、「果糖ぶどう糖液糖不使用」、「マーガリン不使用」という意味です。

「罪悪感なく食べられる」。これは欧米でカロリーが低いお菓子や健康に良いとされる食べ物に使われる表現です。

また、日本語の成分表示にはありませんが、英語の成分表示で見ると、シリアル部分39%のうち、全粒粉のオートミールフレークを20%使っています。

オートミールはタンパク質が豊富で、他にも健康に良いとされる成分が含まれています。

自然由来の物を多く使っているので、安心して食べられそうですね。

他にも、業務スーパーのエナジーバーには「NO ADDED SUGAR」つまり「砂糖不使用」、 「SOURCE OF FIBRE」つまり「食物繊維豊富」と書いてあるものもあります。

好みや志向で選べるのも、業務スーパーのエナジーバーの魅力ですね。

ここで英語表記の部分をまとめてみます。

  • 「GUILT FREE」…罪悪感なく食べられる
  • 「GLUCOSE SYRUP0% 」…果糖ブドウ糖液糖不使用
  • 「HYDROGENATED FATS0%」…マーガリン不使用
  • 「NO ADDED SUGAR」…砂糖不使用
  • 「SOURCE OF FIBRE」…食物繊維豊富

原材料は変更になる場合もあります。

気になる方は購入前にパッケージなどで確認してみてくださいね。

【業務スーパー】エナジーバーと他社商品比較

業務スーパーのエナジーバーと他社の商品を比べてみました。

「ソイジョイ」と「一本満足バー」を例にあげます。

業務スーパーのエナジーバーは、他の2製品よりも下記の3つが数値として優秀でした。

  • カロリーが低い
  • 脂質の含有量が少ない
  • 食塩相当量が少ない

ソイジョイの成分

まずは、「ソイジョイ」のブルーベリー味です。

エネルギー・134kcal、タンパク質・4g、脂質・7.4g、コレステロール・5~11mg、炭水化物・15.2g(糖質・11.3g、食物繊維・3.9g)、食塩相当量・0.07~0.17g、大豆イソフラボン・18mg。

続いて、「一本満足バー」のシリアルチョコバー。

一本満足バーの成分

エネルギー・195kcal、タンパク質・2.8g、脂質・11g、炭水化物・22.3g(糖質20g(糖類・13g)、食物繊維・2.3g)、食塩相当量・0.16g、鉄・2.3~6.2mg、ビタミンB1・0.50mg、ビタミンB2・0.60mg,ビタミンB6・0.56mg、ビタミンB12・1.3μg、ビタミンE・3.7mg。

エナジーバーの成分

業務スーパーの「エナジーバー」のココナッツ&チアシード。

エネルギー・120kcal、タンパク質・2.0g,脂質・3.7g、炭水化物・21.2g(糖質・18.4g(糖類・6.9g)、食物繊維・2.8g)、食塩相当量・0.04g

ソイジョイは糖質が低いですね。

女性の若々しさや美しさを保つ働きがあるとされる、大豆イソフラボンが入っているのも嬉しいポイントです。

一本満足バーのシリアルチョコは、ビタミンが豊富。

チョコだけあってお菓子感が強いので、甘いものが食べたいと言う時に特に満足できそう。

そして、エナジーバー のココナッツ&チアシードはカロリーが低いです。

ココナッツ&チアシードはエナジーバーの中でも砂糖不使用の商品で、ほどよい甘さが特徴です。

それぞれにいいところがあるので、迷ってしまいますね。

味の好み、腹持ちなどから好みのプロテインバーを見つけるのも楽しそうです。

【業務スーパー】エナジーバーを食べた感想

ここまでエナジーバーの説明や原材料を紹介してきました。

でも、やっぱり一番気になるのは味ですよね。

ここでは、私がエナジーバーを食べた感想をお伝えします。

今回食べたエナジーバーは、クランベリー&オレンジです。

裏側がヨーグルトグレーズで白くコーティングされていて、割るとねっとりとしています。

ヨーグルトグレーズは一見、砂糖のようですが甘すぎずヨーグルトの爽やかな風味。

また、ドライクランベリーとオレンジピールを使っているせいか、程よい酸味と甘さ。噛むほどに甘酸っぱさとさわやかさを感じます。

オートミールの噛み応えもあり、お腹がふくれます。

少し甘いものが食べたい時、小腹が空いた時に丁度いい感じでした。

この感想は個人の感想です。味覚には個人差がありますので、ご了承をお願いします。

【業務スーパー】プロテインバーのコスパ最強すぎ!!まとめ

プロテインバーの中でコスパ最強の業務スーパーのエナジーバーを紹介してきました。

エナジーバーは自然由来の成分を主に使っているので、安心して食べられますね。

値段が安い上に体にも優しい。本当にコスパ最強です!

しかも、いろいろな味があって、砂糖不使用、マーガリン不使用など味の好みや志向で選べるのも嬉しい。

ダイエット中や小腹が空いた時の為にかばんに忍ばせておきたい一品です。

財布にも体にも優しいコスパ最強の業務スーパーのエナジーバーで、あなたも栄養補給をしてみませんか?

コメント