【インナーカラー】40代が痛い感じになる理由。気を付けるポイントとは?

【インナーカラー】40代が痛い感じになる理由。気を付けるポイントとは?豆知識
【インナーカラー】40代が痛い感じになる理由。気を付けるポイントとは?

40代のあなた。

流行りのインナーカラーは「40代にはさすがに痛い」と諦めていませんか?

確かに、髪の内側だけに色を入れるインナーカラーは10代、20代を中心に人気。

だけど、40代がしても痛くはなりませんよ!

ただし、40代のインナーカラーには色、髪型、ケアの三つのポイントに気を付けることが必要。

注意しないと、おばさんっぽくて痛い感じに見えてしまいます。

そこで、この記事では40代がいたいインナーカラーになる理由、40代におすすめのインナーカラー、インナーカラーに似合う髪型などをお教えします。

40代のあなたもおしゃれにインナーカラーを楽しみましょう!

40代が痛いインナーカラーになる理由

40代が痛いインナーカラーになる理由は三つあります。

  • インナーカラーだけが派手な色
  • カラーとメイク・服装がアンバランス
  • 髪のケア不足

まずは40代という年齢を分析してみましょう。

40代となると、20代や30代のようにはっきりした色合いのリップカラーやアイシャドウだとケバケバしくなってしまいます。

服装も同じで、40代の場合はメイクに合わせて、もしくは仕事や家庭の立場的に派手な服装はしないという人も多いのでは?

つまり、40代は若い頃よりメイクはナチュラル、服装もシンプルになってきているという人が多いということ。

ここに、40代が痛いインナーカラーになる理由があります。

インナーカラーだけが派手な色

まず、一つ目はインナーカラーだけが派手な色なのが理由。

インナーカラーがメイクや服装と浮いてしまいバランスがとれていない感じ、つまり、痛い感じになるというわけです。

カラーとメイク・服装がアンバランス

続いて、二つ目の理由です。

いつも通りのシンプルな髪型なのに色だけインナーカラーにしてはいませんか?

髪型がいつも通りなのに、カラーだけ流行りのものにしても垢抜けません。

インナーカラーがおばさんっぽくなってしまうのは、このいつも通りの髪型が理由です。

髪のケア不足

最後に、三つ目の理由です。

インナーカラーのように個性的なカラーリングの場合、ケアが大切です。

仕事や家事が忙しい40代。だけど、ケアをしていないとパサパサになって清潔感がなくなりますよ。

マイルドヤンキー感が漂ってしまう人もいるかもしれません。

このように、ケアをしないことが40代のインナーカラーが痛く感じる三つ目の理由と言えます。

40代に似合う大人インナーカラー

40代のインナーカラーには、メイクや服装に合わせて、落ち着いた感じの色合いがおすすめです。

ここでは、三つ40代に似合うインナーカラーを紹介します。

ミルクティベージュ

一つ目はミルクティベージュがおすすめ。

ミルクティベージュは、ベースが暗めでも合うので派手すぎず大人な感じで楽しめます。

グレー

二つ目はグレーです。

グレーのインナーカラーの場合も、ベースが暗めでもいいので落ち着いた感じで大人っぽくなります。

仕事であまり派手にできない方も、この色合いなら挑戦できそうですよね。

ブルージュ

三つ目はブルージュです。

ブルーがかった色なので一見派手に見えるかもしれませんが、この色もベースカラーが暗めでもよい色。

ブルーだけだと派手ですがこの色はグレーも入っています。実際見ると落ち着いて見えますよ。

また、退色する際にも綺麗なカラーが楽しめる色です。

40代はそろそろ白髪が気になるお年頃。

ベースカラーは白髪がしっかりと染められる暗めの色が向いています。

暗めのベースカラーに合わせやすくて、メイクや服にも浮かないインナーカラーがよいようです。

インナーカラーが似合う髪型

40代向けのインナーカラーが似合う髪型は、シンプルなものがおすすめ。

シンプルなもののほうが、インナーカラーが主張をしすぎずに大人な感じに見えます。

ここでは、40代向けのインナーカラーが似合う髪型を三つ紹介します。

ロングヘア

一つ目の髪型は、ロングヘアです。

顔回りのワンポイントだけ、もしくは襟足だけにインナーカラーを入れるなど、アレンジがしやすい髪型です。

どちらの場所にインナーカラーを入れても、目立ちすぎず、大人な雰囲気になりますよ。

ショートヘア

二つ目の髪型はショートヘアです。

耳周りのサイドに少しだけ、インナーカラーを入れるとぐっと大人な雰囲気に。

長さによっては、髪を耳にかけなければインナーカラーだとはわかりません。

仕事の都合でインナーカラーを目立たせたくない方にもチャレンジできそうです。

ショートボブ

三つ目の髪型は重めのショートボブ。

この髪型も耳回りだけ染めれば、耳にかけなければインナーカラーだとわかりません。

仕事の都合でインナーカラーを迷っている方にも、よいかもしれません。

また、耳回りが華やかになることから、ピアスやイヤリングのような感覚でインナーカラーを楽しめる髪型でもあります。

日々のお手入れ方法

インナーカラーのお手入れには、日々のお手入れが欠かせません。

上でも紹介したようにカラーや髪型に気を配っても、ヘアケアをしっかりしていないと「痛い」と言われかねませんよ。

では、どのように日々の髪のお手入れをすればいいのでしょうか?

インナーカラーはブリーチをして染めることがほとんどです。

しっかりとケアして、カラー色落ちや髪の痛みを防ぎましょう。

では、日々のお手入れ方法を三点、ご紹介します。

カラーシャンプーとカラーケアシャンプーを使う

一点目はカラーシャンプーとカラーケアシャンプーを使うこと。

カラーシャンプーは、カラー染料が入っていてカラーの色落ちを防いてくれるもの。

インナーカラーはブリーチして染めることが多いので、色落ちしやすいです。

そこで、このカラーシャンプーをインナーカラーした部分に使用して、色落ちを防ぎましょう。

また、全体は染めた色を長持ちさせてくれるカラーケアシャンプーを使って洗うのがおすすめです。

二つの違いを分かりやすく説明すると。

  • カラーシャンプー:洗いながら徐々に色を入れてくれるもの
  • カラーケアシャンプー:今の色を落とさない、かつ栄養を入れるもの

髪は素早くしっかりと乾かす

二点目は、髪をしっかりと素早く乾かすこと。

基本的なことですが、これはとても大切なことです。

濡れたままの髪は、ダメージの原因となります。

しっかり乾かすこともケアのひとつです。

そして長時間濡れたままにしないというのもポイントです。

洗い流さないトリートメントを使う

三つ目は、乾かした髪に洗い流さないトリートメントをつけること。

お風呂でのリンスやパックだけでなく、こうしたケアをすることが髪のダメージを防ぐことにつながります。

40代インナーカラーネットの評判は?

実際にインナーカラーをしてみようと思っても、気になるのが周囲の反応ですよね。

ネットで見かけた評判をまとめてみました。

  • 40代のインナーカラーは思っていたより素敵。
  • 20代、30代よりも落ち着いた雰囲気になる。
  • 思ったより派手に見えない。

「40代のインナーカラーが痛いという時代じゃない」なんて意見もありました。

私の周りではいい反応しか聞きません。男性からも好評のようです。

昔よりカラーや髪型の幅はぐっと広がっています。

それに、時代も変わり髪型やカラーも性別や年齢にとらわれない時代になってきていますよね。

あなたも自分にあったインナーカラーを見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

【インナーカラー】40代が痛い感じになる理由。まとめ

40代のインナーカラーは痛くないということが、おわかりいただけたでしょうか?

確かに40代は若い世代と違って、落ち着いた色合いのメイクや服が似合う年頃。

若い頃のように派手な色合いのインナーカラーを入れると、「痛い」と思われてしまいます。

でも、この記事で紹介したカラーや髪型ならば、大人の40代ならではのおしゃれなカラーが楽しめますよ。

もちろん、痛いなんて言われることはないででしょう。

インナーカラーが気になる40代のあなた。

この記事を参考にインナーカラーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント