子供の鼻は何歳から高くなるのか。成長期に入ってから?みんなの口コミを調査

子供の鼻は何歳から高くなるのか。 成長期に入ってから? みんなの口コミを調査 育児
子供の鼻は何歳から高くなるのか。 成長期に入ってから? みんなの口コミを調査

うちの子は鼻が低め。

鼻は顔の中でも目立つパーツ。なんとか高くならないかと考えてしまいます。

なにかよい方法があればよいのですが…。

私と同じように、子供の鼻が低いので高くしたい!と思うママやパパは意外と多いよう。

そこで、鼻が高くなったという口コミを調べてみました。

結果、わかったのは、子供の鼻が成長の過程でだんだんと高くなってくることもあるということ。

はっきりと断言はできませんが、13歳から15歳頃あたりまでに鼻が高くなったという口コミが多かったです。

年齢から考えると、成長期に入ってから鼻も高くなるようです。

今回は子供の鼻は何歳から高くなるのか、その理由も含めて詳しく説明していきます。

鼻は何歳から高くなるのか?みんなの口コミをチェック

まず、口コミを紹介していきましょう。

うちの息子は、赤ちゃん時期は鼻ペチャでシンプルな顔の子でしたが、9歳現在は目も大きく鼻も高くなってきています。
息子が小さい時から、鼻が高くなぁ~れと、鼻の根もとをよくつまんでいました。そのおかげか?中学生になった頃からか顔つきは益々旦那様そっくりになったうえ、鼻もしっかり高くなりましたよ!
私は小学生までは鼻ペチャで中1位から高くなり始めて中2位には人より高くなりました。

鼻の高さは遺伝などで決まることもあり、必ず鼻が高くなるとは断言できません。

でも、口コミを見ると、13歳から15歳の中学生の間に鼻が高くなった方が多いです。

この理由は、年齢と共に骨が発達するためのようです。

赤ちゃんは未発達の状態で生まれてくるので、骨も徐々に成長します。

例えば、顎の骨の場合。

上顎の骨は、男女共に10歳頃が成長のピーク。

下顎の骨は女性の場合、12歳頃から13歳頃が成長のピーク。男性の場合は13歳頃から16歳頃が成長のピークです。

個人差はありますが、これは身長が伸びる成長期とほぼ同じ。

一般的に女性なら15歳頃、男性なら18歳頃に成長期が終わり、大人と同じ状態になると言われています。

鼻の骨も同じように成長し、成長期のはじまりから成長期が終わる頃までに高くなる人もいるようです。

つまり、女性なら10歳頃から15歳頃、男性なら10歳頃18歳頃まで鼻の形や高さが変わる可能性はあるということになります。

このため、成長がぐっと進む13歳から15歳に鼻が高くなったという口コミが多いのでしょう。

鼻を高くするためにやりがちな間違いとは?

子供の鼻を高くするため、つまむ、マッサージをするなどをしている方もいるはず。

でも、それは間違いかも。

ここでは、子供の鼻を高くするためにやりがちな間違いを紹介します。

また、鼻を高くするためにしてはいけないこともお教えします。

子供の鼻を高くするためにやりがちな間違い

鼻を引っ張る

鼻を高くするため、鼻を引っ張ることは間違いです。

なぜなら、鼻は軟骨でとても柔らかな部分だから。

鼻を引っ張る時、親指と人差し指でつまみ、引っ張る方がほとんどだと思います。

そのように引っ張ると、指の形で軟骨に歪みが生じ、左右差が生じる可能性があるのです。

鼻のマッサージ

これも引っ張ることと同じ理由で間違いです。

ネットで調べると、鼻を高くするマッサージも多く出てきます。

でも、鼻に強い力を入れると歪みの原因になることも。

マッサージをする場合は、鼻に力を加えないものを選ぶことをおすすめします。

子供の鼻を高くするためにしてはいけないこと

鼻をつぶすうつぶせ寝

鼻をつぶすようにうつぶせで寝ている子供もいますよね。

この寝方を子供がしていたら、やめさせましょう。

鼻をつぶすうつぶせ寝を続けると、鼻の高さが出にくくなることがあるからです。

鼻をつまむ・ねじる鼻のかみ方

ママやパパが子供の鼻をかむとき、ぎゅっとつまんで鼻をかませることもあるのでは?

また、ティッシュで子供の鼻をつまんで鼻をねじるように押さえる人もいるかもしれません。

自分で鼻をかむ場合も同じようにかんでいる子もいるかもしれません。

鼻をつぶすように押さえて鼻をかむ子もいますよね。

こういった鼻のかみ方は、鼻の高さがでにくくなることや歪みにつながることもあります。

鼻をかむ時は、鼻をつぶす、力を入れる、ねじるということをしないようにしましょう。

口呼吸

鼻呼吸は顔の筋肉を口呼吸より使うとされています。

一説によると、鼻呼吸は輪郭の崩れを予防する効果もあるそう。

こういったことから、口呼吸を続けると、顔の筋肉が使われず鼻の高さ形に影響を与えることもあるとされています。

子供が口呼吸をしていたらやめさせて、鼻呼吸をするよう教えましょう。

鼻を高くするのに器具は必要か?

ドラッグストアやネットショップなどで、鼻を高くする器具が多く売られています。

これらの器具は鼻を高くするのに必要なのでしょうか?

子供は鼻の軟骨が柔らかいため、こういった器具を使うと鼻の歪みなどにつながる可能性があります。

また、年齢と共に鼻が高くなる可能性があります。

つまり、子供の場合はこういった器具は必要ないと言えます。

ただ、成長後に鼻の高さが気になる場合は、こういった器具を使用するのもよいと思います。

調べてみたところ、効果があるという口コミが多い器具もあります。

成長後の鼻の高さが気になる場合のため、ここでは口コミ評価が高い器具を紹介します。

・SUULLI ノーズミラクル

テレビでも紹介されたことがある商品。

1日30分、鼻につけて使用します。

個人差はもちろんありますが、「鼻筋がすっきりしてきた」「低い鼻がきれいになってきた」という口コミがありました。

・アットチャーミー  鼻プチ

鼻を高くなるというより、鼻の中に入れて鼻を高く見せる道具です。

プラスチックとシリコン製のゴムを鼻の中に入れ、鼻の形を高く見せます。

口コミでは、「ずれないし、痛くない」。「ものすごく自然に鼻筋があがる」というものがありました。

鼻の高さが気になる場合はこういったものを使うのもよいかもしれません

ただし、長時間の使用には向きませんので写真撮影の際などここぞと言った際に使うイメージです。

子供の鼻は何歳から高くなるのか。まとめ

子供の鼻が高くなるのは、13頃から15歳頃が多いよう。

これは、子供が成長すると同時に鼻の骨も成長するため。

成長期が終わる頃まで鼻は高くなる可能性があり、女の子なら15歳頃、男性なら18歳頃までは鼻が高くなる可能性があります。

ただし、鼻を引っ張ったり、無理にマッサージをするといったことは、鼻の高さに影響を与え、鼻を歪ませる原因となりますので注意しましょう。 子供の鼻が低いと悩んでいる場合は、焦らず子供の成長を見守

コメント

タイトルとURLをコピーしました