ショートニングとマーガリンは何が違う?違いは〇〇にあった!

2ショートニングと マーガリンは何が違う?豆知識
2ショートニングと マーガリンは何が違う?

長引く自粛のコロナ渦で、自炊が当たり前になってきたご家庭も多いかもしれません。

自炊をよくする様になると、色々と細かいことが気になってきました。

私はお菓子を作ることが多いのですが、いつもバターを使っています。

しかし、スーパーでバターの隣に並んでいる、ショートニングは使ったことがありません。

そもそもショートニングって何なのでしょうか?

バターとマーガリンの違いは、うっすらと知っている方が多いかと思いますが、

ショートニングとマーガリンは何が違うかわかりますか?

実は成分が全然違うのです!

今回は、ショートニングとマーガリンの違いについてご紹介したいと思います。

ショートニングとマーガリンの違いは?

どっちがいいの?

どっちがいいの?

小さい頃には、バターしか知らなかったのですが、世の中には、バター以外にも、ショートニングやマーガリンといったものがあります。

マーガリンは元々、バターが高級だった時代に、バターの代替え品として出回る様になりました。

マーガリンは、精製した油脂にビタミン、食塩、そして、発酵乳を混ぜたものを指します。

人工バターとも呼ばれていて、バターよりも安価で手に入るのが魅力ですよね。

バターほどではないですが、コクと風味が豊かなのが特徴です。

一方で、ショートニングは、マーガリンから水分、乳成分、添加物などを取り除いたものを指します。

ですから、ショートニングは、無味無臭です。

また、ショートニングを作るのには、窒素や炭酸ガスを注入する製造工程があります。

それにより、ショートニングは、サクサクとした食感を作り出すことが出来るのです。

ショートニングのショートは、ショートケーキのショートと同じです。

そもそもショートケーキのショート(short・英語)には『サクサクする』『ボロボロする』という意味があります。

伝統的な昔のショートケーキは、サクサクした食感が楽しめるケーキだったからです。

また、余談ですが、ショートニングは、ラードの代用として作られたそうです

マーガリンは、バターの代わりで、ショートニングは、ラードの代わりに作られたのですね。

ちょっと意外ですよね。

マーガリンとショートニングに違いは下記の通りです。

  • マーガリン:精製油にビタミン・食塩・発酵乳を混ぜたもの
  • ショートニング:上記から水分・乳成分・添加物を抜いたもの

ショートニングの注意点は?

注意点

注意点

ショートニングの最大の特徴は、サクサクした食感ではないでしょうか?

ですから、クッキーや、ドーナッツ、スナック菓子などには、非常に向いていますよね。

お菓子以外では、サクサクした食感が大切なフライドポテトなどにも向いています。

しかし、ショートニングは体に悪いというウワサも流れています。

その一番の原因は、ショートニングは、トランス脂肪酸を含むからと言われています。

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減ると言われているからです。

ショートニングは、人工的に作られたものなので、このトランス脂肪酸を含むと言われています。

しかし、これは、ショートニングを大量に摂取する様な食生活をしていた場合です。

欧米やヨーロッパでは、すでに2003年からショートニングの摂取量などが規制されています。

日本食ではそもそもあまりショートニングを使わないので、あまり厳しい規制はなされていません。

WHOの推奨では、トランス脂肪酸の摂取量が総カロリーの1%未満であれば良いとされています。

それぞれの性別、年齢、身体の大きさやカロリー摂取の量により変わりますが、

目安としては、1日の総カロリーが1500キロカロリーの方は、1.5グラム、

2000キロカロリーの方は、2グラム程度まで大丈夫ということになります。

トランス脂肪酸の危険性については、農林水産省のホームページにも記載してあります。

ショートニングのおすすめ代用品は?

意外な事に

意外な事に

上記の様に、ショートニングには、トランス脂肪酸が含まれているので、なるべくショートニングを避けたいと考える人もいると思います。

元々ラードの代用品として生まれたショートニングですから、ラードをショートニングの代用にすると似た特徴があるので使い勝手が良いです。

バターもショートニングの代用に向いています。バターの種類は様々です。

無塩バター、有塩バター、発酵バター、無発酵バターなど色々とあります。

何の料理を作るか、お菓子を作るかで、使い分けると良いですね。

また、オリーブオイルもショートニングの代用に使うことができます。

パンにオリーブオイルをつけて食べると非常に美味しいですよね?

パン作りの過程でも、ショートニングの代わりにオリーブオイルを入れて作ることもできます。

特に素材の味を生かしたいときは、オリーブオイルの風味が相性いいです。

ショートニングのおすすめ代用品をまとめると、

  • ラード
  • バター
  • オリーブオイル

あたりが代用品としては良いともいます。

用途によって使い分けて下さい。

ショートニングとマーガリンは何が違う?まとめ

今回は、ショートニングとマーガリンの違いについて書きました。

マーガリンは、バターの代用として、ショートニングは、ラードの代用として作られたことがわかりました。

マーガリンは、精製した油脂にビタミン、食塩、そして、発酵乳を混ぜたものです。

ショートニングは、マーガリンから水分、乳成分、添加物などを取り除いたものを指し、無味無臭が特徴です。

また、ショートニングには、トランス脂肪酸を含むので、あまり沢山摂るのはよくなさそうです。

ショートニングの代用には、バター、ラード、オリーブオイルなど色々なもので代用できます。

どんな料理やお菓子を作るかで、使い分けるといいです。

新しい料理やお菓子に挑戦して、楽しくおうちで過ごせるといいですね!

コメント