1000円カットで顔そりだけは無理?メンズ・レディース問わず顔そりをした方が良い理由。

1000円カットで顔そりだけは無理?メンズ・レディース問わず顔そりをした方が良い理由。 豆知識
1000円カットで顔そりだけは無理?メンズ・レディース問わず顔そりをした方が良い理由。

1000円カットって便利ですよね。

手頃なお値段でサクッとカットをすることができるので、

よく利用する人も多いでしょう。

そんな1000円カットですが顔そりだけの利用は可能なのでしょうか?

結論は美容院では顔そりはできませんが、理容室ではオーダーできます。

ここではそんな1000円カットでの顔そりについて解説をしていきます!

1000円カットで顔そりは出来る?

顔の毛を剃ってもらうことでスッキリします。

女性の場合、美容目的で顔そりをされる方も多いようです。

顔そりが1000円カットでも出来たらいいのですが、

ほとんどの1000円カットのお店で対応していません。

詳しく解説をしていきます。

その理由としては、1000円カットは美容室に分類されるためです。

顔そりは理容室でしか提供できないサービスです。

カット以上に高度な技術が要求されるため、

専門知識を持った理容室にのみ許された特権なのです。

しかし、全ての1000円カットで顔そりができないというわけではありません。

1000円カットのお店の中には、理容室が運営する店舗も存在します。

そこでは顔そりを提供しています。

このように、お店によっては顔そりができる可能性があるので、

気になるようでしたらお店に確認してみてくださいね。

顔そりのメリット・デメリット

続いて顔そりのメリットとデメリットも紹介していきます。

まずはメリットについてです。

顔そりのメリット

肌のツヤがアップする

顔そりによってうぶ毛を剃ると、全体的に顔がさっぱりしますよね。

うぶ毛を剃ることによって肌の見え方が大きく変わります。

全体的にきめ細やかさが増しツヤが増したように見せることができます。

肌の調子が良くなる

また顔そりは肌自体の調子も良くすることができます。

顔そりによって、肌の表面に溜まった古い角質を取り除くことができます。

これにより肌のターンオーバーを進めることが可能であり、

肌の新陳代謝を早めて肌の調子が良くなります。

ニキビ防止

顔そりをすることによって、顔の表面に溜まった皮脂もまとめて落とすことができます。

それにより皮脂によるニキビや吹き出物といった肌トラブルを抑えることが可能です。

化粧乗りが良くなる

女性の場合、顔そりによって顔のうぶ毛を剃ると化粧乗りが良くなります。

顔にうぶ毛が生えたままだと化粧も落としにくいですし、

化粧を落としきれず肌トラブルの元にもなってしまいます。

このように顔そりは様々なメリットがあります。

続いてデメリットも紹介していきます。

顔そりのデメリット

肌を傷つける恐れがある

顔そりですが、刃物を直接肌につけるため肌を傷つけてしまうことがあります。

しかしこちらはシェービングクリームや理容室でプロに依頼をすれば、

ある程度は防ぐことができます。

よほどの敏感肌や肌が弱い人以外は十分に対策が可能です。

顔そりのデメリットは実はこれぐらいです。

よく勘違いしがちなのが、顔そりを行うことによってうぶ毛が濃くなるということです。

実はこれは間違いです。

うぶ毛の濃さはホルモンによるものですので顔そりをしたところで濃くなることはありません。

顔そりはメリットも多いので、ぜひやってみてくださいね。

顔そりの相場

顔そりですが理容室で依頼をするといくらぐらいになるのでしょうか?

こちらは相場としては、単体メニューで1000円から2000円ぐらいのことが多いです。

カットとセットの場合はさらに安くなることもあり、

細かい値段はお店によって違ってきます。

総じて顔そりの場合、男性よりも女性の方が高くなる傾向があります。

こちらは女性の顔そりができる方が少ないのと、

女性の顔そりの場合は美容的な側面が大きくなるからですね。

顔そりを行なっていたら単体でも利用することはできるはずですので、

正確なお値段はお店で確認をするようにしましょう。

自宅で行うときは?

顔そりですが自宅で行うことも可能です。

その時は以下の手順を意識して行うようにしましょう。

①蒸しタオルを顔に乗せる

蒸しタオルを数秒顔に乗せることによって、顔の毛が水分を吸って膨らみます。

これによってより顔そりがしやすくなります。

②シェービングクリーム

顔そりで直接肌に剃刀を当てると肌が傷つきやすくなってしまいます。

顔そりをする際には、必ずシェービングクリームを肌全体に塗ってください。

顔を保護するようにしましょう。

③反対の手で肌を引っ張りながら行う

顔そりをする際ですが、剃刀を持たない手も重要になります。

反対の手で肌を引っ張ることにより、肌をフラットにして剃りムラをなくすることが可能です。

④同じところを繰り返さない

顔そりをする場合、ついつい何度も同じとことを繰り返してしまいがちです。

しかし顔そりは一回そればうぶ毛は剃れています。

同じ箇所を繰り返すとその分肌が傷ついてしまうので注意をしましょう。

⑤顔そりが終わったらしっかりアフターケアをする

顔そりが終わったら化粧水や乳液を使って、しっかりフォローをしましょう。

顔そりが終わった後の肌は乾燥がしやすくなっています。

しっかり保湿をすることで保護をしてくださいね。

顔そりですがこのような手順で行えば自宅でも十分に行うことができます。

顔そりは毎日行うと肌が傷ついてしまい逆効果になってしまいます。

顔そりを行うのは月に1回程度にするようにしましょう。

女性の場合は、剃刀で行うとどうしても肌が傷つきやすいことも多いでしょう。

男性でも肌が弱いという場合には剃刀だと辛いかもしれません。

その場合はこのような電気シェーバーを使うと肌に優しく顔そりが可能になります。

このような商品の場合には、シェービングクリームは必要ありません。

ただ、使い終わったらしっかりと肌のアフターケアはするようにしましょう。

1000円カットで顔そりのまとめ

1000円カットの場合、ほとんどが美容室に分類されます。

残念ですが、顔そりの出来ない店舗が多いです。

ただお店によっては理容室で顔そりができることもあるので、

気になる方はお店に確認するようにしてください。

顔そりはメリットデメリットがありますが、メリットの方が多く自宅でもすることができます。

ぜひ顔そりを定期的に行なって、綺麗なお肌を手に入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました