『タカハシ』の服はなぜ安い?『しまむら』との違いは?

『タカハシ』の服はなぜ安い? 『しまむら』との違いも豆知識
『タカハシ』の服はなぜ安い? 『しまむら』との違いも

みなさん『タカハシ』という衣料スーパーをご存知ですか?

激安がウリの神奈川県を中心に店舗を拡大しているお店で、意外と知られていないお店ですが、実は創業60年をこえる老舗です。

安いファッションセンターと言えば 『しまむら』を思い浮かべる人が多いと思いますが、『タカハシ』と『しまむら』はどう違うのでしょうか…?

実は私も数年前まで『タカハシ』というお店を知りませんでした。

しかし近所に出来たため、今ではスッカリ常客に…。

今回は、『タカハシ』の特徴についてまとめた後、『しまむら』との違いなどもまとめてみます!

『タカハシ』の安さの秘密

タカハシの安さの秘密

タカハシの安さの秘密

『タカハシ』は「オフプライスストア」のチェーン化を目標として掲げている会社です。

オフプライスストアとは?
有名なブランド品を低価格で販売する小売店のこといいます。メーカー処分品や返品商品などを仕入れ、専門店よりも格安で販売します。アウトレットなどの直営でなく自店で商品を仕入れて販売しているお店をオフプライスストアといいます。

『気軽に着る服を、気軽に買える価格で。』を大事にし、繊維問屋が多数ある地域に定期的にバイヤーが直接行き、ワケアリな商品を中心に安く仕入れ、激安で販売しています。

アパレル業界の中には過剰在庫を抱えてしまう、という問題が発生している会社もあり、そのような会社の在庫過多商品や、季節外の商品を格安で譲ってもらい、安く仕入れています。

それだけを聞くと、アウトレットを思い出す方もいるのではないでしょうか?

アウトレットは処分品となったブランド品が中心ですが、『タカハシ』は日用品やカジュアル衣料が中心のため、同じような流通経路でも価格にこれだけの差が生まれるのです。

イメージとしては

「低価格帯のアウトレット=タカハシ」

と考えるとどんなお店か想像しやすいかもしれません。

そのため、ただの激安店ではなく、質を考慮しつつお手ごろな価格帯で提供することをモットーとし、安いけれど、いい商品を取り扱うお店として愛されているお店です。

『タカハシ』はどんなお店?

タカハシってどんなお店?

タカハシってどんなお店?

タカハシ』は衣料スーパーと書かれているだけあり、衣料品だけではなく日用消耗品や加工食品まで取り扱っています。

お店の売れ筋商品を聞いて「韓国のり!」と衣料品以外の名前が出てくる服屋さんは『タカハシ』くらいではないでしょうか。

それくらい洋服だけに留まらず、様々な分野で質のいい激安品を利用者に提供し続けているのが『タカハシ』です。

また、様々な会社から仕入れていることもあり、タグは『タカハシ』のものに変わっていてもインナータグを見たら実は某有名ブランドの物だった。

ということも珍しくないそうです。

幅広い年齢層だけでなく、生活にも密着したアイテムを数多く取り扱っているのが特徴で「安かろう、悪かろう」にならないよう細心の注意を払い続けているそうです。

hanamizuki
hanamizuki

ここ数年はシャンプー・コンディショナーは『タカハシ』でしか買ってません。ノンシリコンで500円以下で買えるのはここだけかも…。

『タカハシ』の店舗はどこにある?

タカハシはどこにある?

タカハシはどこにある?

そんな『タカハシ』の店舗は一体どこにあるのでしょうか?

一店舗目が開業した場所と、本社の場所は共に神奈川県の相模原市。

そこから店舗拡大をしていったため、一番店舗数が多い地域は相模原市になります。

都道府県としては神奈川県のほかに、東京都と埼玉県にありますが東京といっても23区外にしかないため、都内に住んでても知らない人が多いのも納得です。

神奈川県内に18店舗、東京都内に11店舗、埼玉県に13店舗、合計42店舗が現在営業をしています。

公式HPに一覧でまとまっているので、気になる方はこちらからチェックしてみてください!

『タカハシ』の公式HPを見る

『タカハシ』と『しまむら』の違いは?

『タカハシ』と『しまむら』

『タカハシ』と『しまむら』

安い洋服屋さんと聞いて一番、思い浮かべる人が多いのはきっと『しまむら』だと思います。

全国で1400店舗を超える展開をしているだけあり、知名度は他の追随を許しません。

『しまむら』も『タカハシ』と同じように安いことで有名ですが、この2つはどう違うのでしょうか?

しまむら』も『タカハシ』も安く仕入れ、安く販売をしているという点では同じですが、『タカハシ』が、低価格帯のアウトレットだとすると、『しまむら』はトレンド商品を安く買えるのが強みです。

「『しまむら』って意外と安くない!」という声を聞いたことはありませんか?

最近ではブランド物と比べると安いものの、2,000~4,000円帯の価格で人気モデルとのタイアップ商品なども幅広く展開しています。

安すぎるというほどではないけど、それなりの金額でお洒落が楽しめるという、ライトな層を取り込んでいます。

コーディネート写真が公式HPに載せられており、欲しい商品に合わせやすい他のアイテムなどを参考にできる機能などが若い女性たちに人気です。

100円以下のアイテムも多数販売されており、幅広い年齢層と生活に密着した商品展開をしている『タカハシ』と比べると『しまむら』は20-40代の女性をメインターゲットにした広告展開が多く、同じ安い洋服店でも違う路線を進んでいることがわかります。

この差は、それぞれの公式HPでチラシをチェックするだけでもわかるので、気になった方はぜひ見比べてみてください。

『タカハシ』の公式HPはこちら

『しまむら』の公式HPはこちら

『タカハシ』の服はなぜ安い?まとめ

今回は安い洋服店として神奈川県を中心に人気を誇る『タカハシ』についてまとめてきました。

知名度としてはあまり高くないですが、いちど店舗を見に行ったらその魅力にハマってしまうことでしょう。

全身コーディネートを作成しても、5,000円でおつりがくることも多々あるので、予算を決めて上下一式をまとめて買ってみる楽しみ方もできるのが『タカハシ』のすごさです!

まだ『タカハシ』を使ったことが無く、自宅や職場の近くに店舗がある人は

ぜひ一度、遊びに行ってみてください。

見たことが無い価格設定に驚いてしまい、つい買いすぎてしまうに違いありません。

タカハシの安さを利用して、コスパのいい楽しいお洒落ライフを楽しんでみてくださいね。

コメント