蛍光増白剤の入っている洗剤を使ってはいけない?デメリットや使ってはいけない服について解説

蛍光増白剤の入っている洗剤を使ってはいけない?デメリットや使ってはいけない服について解説 豆知識
蛍光増白剤の入っている洗剤を使ってはいけない?デメリットや使ってはいけない服について解説

蛍光増白剤をご存知ですか?

白い衣服がより白く見えるために使われていることがあります。

最近では、ご家庭でも白さをキープするため、この蛍光増白剤入りの洗剤が販売されています。

しかし、デメリットももちろんあります。

肌が弱い方や赤ちゃんの様な柔らかい肌に、直接触れる衣服やタオルに使うのは好ましくありません。

では蛍光増白剤は使ってはいけないのでしょうか?

使用自体は問題ないのですが、いくつかのポイントで注意が必要です。

今回は蛍光増白剤について、使用する上での注意点などをまとめてみました。

蛍光増白剤入り洗剤は使ってはいけないの?

そもそも蛍光増白剤は、洗剤に添加物を加えている洗剤です。

紫外線を吸収して、白い衣服がより白く見える様になります。

新品の白いタオルなどには、蛍光増白剤が入っている場合が多いです。

洗濯をすることで、だんだん蛍光増白剤が抜けていき、くすんだ色味になってしまうのはそのためです。

しかし、ご自宅で蛍光増白剤入りの洗剤で洗濯することにより、綺麗な白さを保つことができます。

衣服に清潔感をもたらすため、ワイシャツなどに使用するのは良いでしょう。

ただ、添加物であることを忘れてはいけません。

肌が弱かったりアレルギーがある場合は、蛍光増白剤を使用することを避けた方が良いです。

洗浄力の強い洗剤には、ほぼ入っています。

大手のトップ、アタックやウタマロ石けんにも蛍光増白剤が入っています。

蛍光増白剤入り洗剤のデメリット

傾向増白剤入り洗剤のデメリットを下記にまとめました。

  • 色落ちがある場合がある。
  • 肌が弱い方やアレルギー反応を起こす可能性がある。
  • 天然の色合いが損なわれる。
  • 色あせてしまう。
  • 衣類の種類によっては、蛍光増白剤が合わないものがある。

白いソックスやワイシャツ、白衣や白いタオルなどには、蛍光増白剤入りの洗剤を使うと白さをキープすることができるのでおすすめです。

しかし、それ以外の柄物、色物、特に薄いベージュや生成りなどの色味の衣服には、蛍光増白剤入りの洗剤は使わない方が良いです。

色物は、逆に色を抜いてしまうので注意しましょう。

一度使用して色あせてしまったものが元にもどる保証はありません。

色落ちの具合にもよりますが、何度か普通の洗濯洗剤で洗ってみてください。

もしかしたら、蛍光増白剤が落ちて元の色味に落ち着く事があるかもしれません。

使ってはいけない服はどんなもの?

蛍光増白剤入りの洗剤を使ってはいけない服には以下があります。

赤ちゃん用の衣服には使わない様にする。

赤ちゃんの敏感な肌や柔らかい肌に直接触れる様な衣服やタオルなどには、使用しない方が良いです。

天然の色合い(麻、綿、レーヨンなど)を大切にしている様な衣服には使わない。

折角の天然の色合いが損なわれて、まっ白に色が抜ける事もあります。

天然の色合いや素材を大切にしている衣服には、使わない方が良いでしょう。

洗濯表示を見て蛍光増白剤入りの洗剤を使えないものには、使わない。

忙しい毎日、いちいち衣服の洗濯表示を確認するのは面倒かと思います。

しかし、一度の洗濯で間違って使ってしまうと、折角の衣服が台無しになってしまう可能性があります。

新品の衣服を買った時などは、念入りにチェックしてから洗濯することを強くお勧めします!

パステルカラーの衣服には使用を控えた方が無難。

パステルカラーや柄物、ベージュや生成りなどの微妙な色合いを大切にしている衣服には、蛍光増白剤を使用しないでください。

もし洗濯に使ってしまったら?

もしも、間違えて蛍光増白剤入りの洗剤を使ってしまった場合は、慌てる必要はありません。

何度か蛍光増白剤の入っていない洗剤で洗うか、水洗いをしましょう。

衣類の色味が変わってしまう可能性はありますが、すぐに体に悪影響を及ぼすとか、環境に悪いなどの最悪の事態にはなりません。

あくまでも、蛍光増白剤は添加物の一種ですので、大量に使わなければ人体に影響を与える様なことにはありません。

アレルギーのある方や、肌の弱い方は敏感に反応してしまうケースもあります。

その場合は、ただちに使用をやめてください。

蛍光増白剤が抜けていれば、過敏に肌が反応することはなくなりますので、安心してまたその衣服を着ることができます。

蛍光増白剤不使用のおすすめ洗剤

最後に蛍光増白剤を使用していない、おすすめの洗剤をご紹介します。

ウタマロ石けんには、固形とリキッドタイプの2種類があります。

リキッドタイプには蛍光増白剤が入っていないため、安心して使用することができます。

ウタマロ
¥480 (2021/12/05 16:58時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

フォーリア洗濯用の洗剤もオーガニックでとても安全です。

オーガニックラベンダーの優しい香りも良いです。

他にもフォーリアには、食器洗い用や水回り用、ギフト用などもありますので、非常におすすめです。

¥1,840 (2021/12/05 16:59時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ソネットのナチュラルウオッシュリキッド 洗濯用洗剤も良いです。

麻やレーヨンにも使用できるオーガニックな洗剤です。

石けんタイプもありますので、持ち運びにも便利ですね。

ソーダサン、ランドリーリキッドもライムの自然な香りがほんのりして良いです。

ソーダサンの洗剤には、繊維を潰さない様に優しく洗う特徴がありますし、ドラム式の洗濯機にも使えるのが良いです。

蛍光増白剤の入っている洗剤を使ってはいけない?まとめ

今回は、蛍光増白剤について調べました。

蛍光増白剤は、人体や環境に悪影響を及ぼす様な洗剤ではありません。

蛍光増白剤は、白いタオル、白いワイシャツ、白いソックスなどをより白くするのには特化しています。

パステルや独特な風合いを大切にしている衣服には向いていませんので、使用しない様に注意してください。

蛍光増白剤入りの洗剤で間違えて使用してしまっても、数回普通の洗濯洗剤で洗うと落ちるのが蛍光増白剤です。

蛍光増白剤は、添加物ですから敏感肌な方の衣服や赤ちゃんの肌着には使用しない様に気をつけましょう。

衣服の色味や素材などの目的に合わせて、楽しみながら毎日の洗濯をする事ができたら良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました