オキシクリーンを使った『さぼったリング』や『尿石除去』の方法をご紹介!

オキシクリーンを使った 『さぼったリング』や『尿石除去』 の方法をご紹介! 家事
オキシクリーンを使った 『さぼったリング』や『尿石除去』 の方法をご紹介!

さぼったリングは、便器内の水が溜まっている部分にできるリング状の黒い筋のこと。

掃除を怠るとでてきてしまうので、さぼったリングと呼ばれています。

このさぼったリング、放置すると落としにくくて少々厄介。

でも、オキシクリーンを使うと、簡単にきれいに落ちます!

今回は、オキシクリーンを使ってさぼったリングを落とす方法を紹介していきます。

さぼったリングの正体は?

さぼったリングの主成分は黒カビ。

カビは湿気、栄養分、5度から45度の温度、酸素の4つで発生しやすくなります。

便器内の水が溜まっている部分にさぼったリングができやすいのは、この条件を満たしているから。

トイレの便器内でカビの栄養となるのは、尿石がほとんどです。

尿石は、トイレの黄色い汚れのこと。

尿には体から排出されたミネラル分が含まれています。これが空気や水と反応して固まり、尿石なります。

掃除を怠ると、尿石が付着したままになり、さぼったリングができやすくなってしまうのです。

ただし、掃除をしていてもさぼったリングができてしまう時があります。

この場合は、トイレタンクに黒カビが発生していることが考えられます。

トイレタンク内も、水に水垢などの栄養素、適度な温度に酸素という黒カビが発生する条件が満たされやすいからです。

マメにトイレ掃除をしていてもさぼったリングができてしまうのなら、トイレタンク内を見てみましょう。

オキシクリーンを使ってさぼったリングや尿石を落とす方法

オキシクリーンは、便器にもトイレタンクにも使えます。

それぞれ場合で、オキシクリーンを使ってさぼったリングを落とす方法をお教えします。

便器掃除にオキシクリーンを使うと、尿石も落とせます。

トイレの黄ばみが気になる方も、ここで紹介する方法を試してみてください。

便器をオキシクリーンで掃除する方法

便器をオキシクリーンで掃除する方法
  • STEP1
    オキシクリーンをお湯に溶かす

    2リットルのペットボトルを用意し、オキシクリーンを1リットルのお湯に溶かす 。

    最初にオキシクリーンをキャップまたはスプーンの半分ほどペットボトルに入れておきます。

    次に40度ほどの1リットルのお湯をペットボトルに入れ、振ってオキシクリーンをよく溶かします。

    お湯の量は1リットルですが、オキシクリーンは泡立つことがあるので2リットルのペットボトルの使用をお勧めします。

  • STEP2
    STEP1の溶液を便器にそそぐ

    トイレットペーパーを便器の水につかっていない部分に敷き詰め、ペットボトル内に残しておいた液をかける 。

    溶液の効果は水がある部分だけなので、水で使っていない部分にも トイレットペーパーを敷き詰め、オキシクリーンの液をかけましょう。

    これは、液が流れ落ちないようパックの要領で黒カビの栄養となる尿石を落とすためです。この時は薄手のトイレットペーパーではなく、厚手のキッチンペーパーなどの方が効果的です。

  • STEP3
    つけ置きする

    汚れの度合いによりますが、30分から2時間ほどつけ置きします。

    効果が出ない場合は、少し長めにつけ置きしてください。

  • STEP4
    トイレを流す

    キッチンペーパーを使った場合は、流せませんので取り除いてください。

    また、トイレットペーパーを使った場合も、つまりそうな時は取り除いてから流してください。

    汚れが少し残っている場合は、ブラシで軽くこすり洗いをすると綺麗にとれます。

トイレタンクをオキシクリーンで掃除する方法

トイレタンクをオキシクリーンで掃除する方法
  • STEP1
    トイレタンクの止水弁をまわし、水を止める
  • STEP2
    レバーを回してタンク内に残っている水を排水する
  • STEP3
    タンクの手洗い部分、中にある容器のふたをはずす

    この二つは浴槽などに置いておくと、床が汚れません。

  • STEP4
    バケツなどの容器を用意し、オキシクリーンをお湯に溶かす

    40度から50度のお湯4リットルをバケツなどに入れ、オキシクリーンをキャップまたはスプーン1杯入れ、よく混ぜます。

    お湯4リットルに対してオキシクリーン1杯を目安として、トイレタンクの大きさや漬けたい部分に応じて作る液の量を変えてください。

  • STEP5
    少量を残し、トイレタンクの中にオキシクリーンを入れてつけ置き

    この時、外のタンクと内側の容器の隙間にオキシクリーンの液を入れないように注意してください。

    隙間が大きい場合は、あらかじめ隙間をタオルで埋めておくのもよいでしょう。

    つけ置き時間は、1時間から2時間が目安です。

  • STEP6
    はずしたふたの裏の汚れを『STEP5』で残した液でふき取る

    雑巾を液につけ、しぼってからふき取ります。

  • STEP7
    『STEP6』でふき取った部分を水拭きする
  • STEP8
    つけ置き後、タンク内の蓋と手洗い部分、止水弁を元に戻し何度か水を流す

  • STEP9
    便器内に流れこんだ汚れをこすり洗いし、水を流す

オキシクリーンをトイレ掃除に使う際の注意点

オキシクリーンは、どのタイプのトイレでも使えます。

また、塩素系洗剤のような強い香りはしないので、掃除後も嫌な臭いは残りません。

ただし、強力な洗剤のため、いくつか注意点があります。

オキシクリーンを使う際には、下記の注意を守って使用してください。

ゴム手袋を使用する

手荒れなどにつながりますので、必ず手袋を使用して使ってください。

熱湯を使用しない

オキシクリーンの公式サイトには、オキシクリーンを溶かす温度は40度から60度とあります。

ただし、トイレは陶器です。熱湯をかけることで便器が割れたり、表面のコーティングを痛める可能性があります。

40度から50度のお湯を使用するのが無難です。

拭き残しに注意

トイレタンクの容器のふたの拭き掃除をした場合は、必ず水拭きをしてください。

オキシクリーンの拭き残しは変色や痛みにつながる場合があります。

漬け置きは最大6時間まで

オキシクリーンの溶液が効果を保てるのは最大6時間まで。

6時間を超してのつけ置きは効果がなくなるので、しないようにしましょう。

汚れの匂いに注意

オキシクリーンの液を便器内やタンク内に流すと、汚れが溶け、匂いがわいてきます。

顔を近づけたりするのは避けましょう。

さぼったリングを予防するには?

さぼったリングを予防する方法は、ズバリひとつ。

それは、こまめに掃除することです。

尿石ができてしまい黒カビが繁殖することがさぼったリングの主な原因。

これらを防ぐのは、掃除以外ありません。

毎日掃除が難しい場合は、トイレクリーナーでこまめに飛び散った尿を拭くだけでも予防になります。

また、流すだけで洗浄成分が便器を覆ってくれる手洗い部分に置く洗剤を活用するのも予防になりますよ。

『さぼったリング』や『尿石除去』方法のまとめ

さぼったリングは、トイレの便器内の尿石やタンク内の黒カビが原因でてきてしまう汚れ。

その名の通り、掃除をさぼるとできてしまいます。

でも、さぼったリングができてしまった場合も、オキシクリーンのつけ置きで簡単に落とせます。

ここで紹介した方法で、あなたもさぼったリングを落としてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました