使ってはいけない洗濯洗剤とは?無添加で環境に優しいのによく落ちる洗剤を紹介!

使ってはいけない洗濯洗剤とは?無添加で環境に優しいのによく落ちる洗剤を紹介! 家事
使ってはいけない洗濯洗剤とは?無添加で環境に優しいのによく落ちる洗剤を紹介!

毎日の生活に欠かせないのが、洗濯洗剤ですよね。

洗濯は服を清潔に保つのには欠かせないものですが、使ってはいけない洗濯洗剤があるのをご存知でしょうか?

洗濯洗剤は便利が故に、使い方によっては事故が起こることもありますし、人によっては合わないという洗濯洗剤もあります。

ここでは、そんな使ってはいけない洗濯洗剤について詳しく解説をしていきます!

使ってはいけない洗濯洗剤とは?

洗濯洗剤は毎日の生活に欠かせないものです。

毎日の選択に洗濯洗剤を使って、お気に入りの洗濯洗剤がある人も多いでしょう。

そんな洗濯洗剤ですが、実は使ってはいけないものというものがあります。

洗濯洗剤ですが、使ってはいけないものとは一体なんなのでしょうか?

結論から言えば、肌に合わなかったり、誤飲の可能性があるもの、環境破壊の危険性があるものです。

それぞれ解説をしていきます。

肌に合わない

洗濯洗剤ですが、さまざまな化学成分が使われています。

それによって洗濯をより効率的に行うほか、より綺麗に洗濯をすることができます。

ただ、このような化学的な成分が、人によっては肌に合わないということもあります。

洗濯をしたら衣類には洗濯洗剤の成分が残ります。

そこで身につけた際に肌に違和感が感じたり、かゆみなどを感じるようでしたら、その洗剤は使わないようにしましょう。

また同様に、洗濯洗剤の匂いが合わないということもあります。

最近の洗濯洗剤は、より匂いが残るものが発売されている傾向があります。

なので洗濯物の強烈な匂いによって、着ている自分が気分不快になってしまうこともあります。

他にも自分は大丈夫でも、周囲の人が洗濯物の匂いで不快になってしまうこともあります。

誤飲の可能性がある

どんな洗濯洗剤でも誤飲の可能性はあります。

ただ近年特に多いのがジェルボールタイプの洗濯洗剤です。

ジェルボールタイプの洗濯洗剤は軽量をする必要がなく、簡単に使うことができるメリットがあります。

ジェルボールタイプですが、このようなメリットがありますが、見た目がお菓子のようで子供による誤飲事故が多発しています。

絶対に使ってはいけないというわけではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では誤飲の危険性がないように使うようにしましょう。

環境破壊の危険性があるもの

現在、世界的に環境問題が大きくなっていますよね。

この環境破壊の問題は洗濯洗剤にも原因があります。

洗濯洗剤ですが、合成表面活性剤という成分が含まれており、この成分の高級アルコール系は水質汚染にも繋がります。

洗剤を使いすぎたり、必要以上に使ったりすると排水からの環境破壊がどんどん広がってしまいます。

このように洗濯洗剤には使ってはいけないものがあるので、選ぶ際には気をつけて選ぶようにしましょう。

安心して使える洗濯洗剤の選び方

それでは、安心して使える洗濯洗剤の選び方は何なのでしょうか?

洗濯洗剤を選ぶ際には以下のことを気をつけるようにしましょう。

洗剤の匂いが強すぎないもの

強すぎる匂いがダメという場合には、洗剤の匂いが強すぎないものを選ぶようにしましょう。

香料が入っているものはパッケージに書かれているので、もし気になるようでしたら無香料のものを選べばOKです。

しっかりパッケージを確認するようにしましょう

合成界面活性剤が必要以上に含まれていないものを選ぶ

上記のように、合成界面活性剤には環境破壊につながる成分も含まれています。

しかし、実際にはほとんどの洗濯洗剤には、合成界面活性剤が含まれています。

特に気をつけたいのが以下の合成界面活性剤です。

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル

どれも舌を噛み切ってしまいそうな名前ですが、これらの成分にとりあえず気をつけるようにしましょう。

合成表面活性剤ですが、一定量以下の成分でしたら、問題ありませんし成分表にも記載はされません。

ですから洗濯洗剤の成分表を見て、上記の合成界面活性剤が書かれていないかのチェックをするようにしましょう。

無添加で環境に優しいのに良く落ちる洗剤

このように洗濯洗剤には様々な成分が入っています。

ただやはり気になる人は、オーガニックで無添加なものを使用したいですよね。

無添加で環境に優しいのによく落ちる洗剤はあるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

続いて無添加で環境に優しいおすすめの洗剤を紹介していきます。

パジャン

¥3,256 (2021/11/27 11:19時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こちらは界面活性剤が、全く使われていない洗濯洗剤になります。

加えて無香料であり、よりオーガニックで優しい仕上がりになります。

化学成分が極力使われていないので、なんと洗濯した水でメダカも生きられるほどになっています。

化学成分が使われていないオーガニックなこだわりから、お値段はお高めになってはいますが、成分も安全ですししっかりと汚れも落としてくれます。

シャボン玉 無添加石けん スノールベビー

シャボン玉石けん
¥1,045 (2021/11/27 11:21時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こちらも無添加の洗濯洗剤となっています。

液体洗剤ではあるのですが、香料、着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤などの成分が全て使われていないのでエコな洗剤となっています。

商品名にもある通り、赤ちゃんにも安心して使うことができるので、赤ちゃんがいる家庭にもおすすめです。

こちらのシリーズは洗濯洗剤以外にも、石けんやベビーソープもあるのでどれもおすすめですよ。

無添加洗剤の使用期限はいつまで?

無添加の洗剤だと、オーガニックで肌にも環境にも優しくて安全ですよね。

ただそうなると気になるのが無添加洗剤の使用期限ですよね。

無添加洗剤の場合どのくらいが使用期限になるのでしょうか?

結論から言えば、開封済みで1年ほど。

未開封でしたら3年ほどになることが多いです。

商品によっては細かく変わりますが、大体はこのぐらいは持ちますので、安心して使い切ることができるでしょう。

使ってはいけない洗濯洗剤とは?まとめ

洗濯洗剤ですが物によっては肌に合わなかったり、環境破壊につながることがあります。

なので選ぶ際には、気をつけて選ぶようにしましょう。

もし心配なら、オーガニックな無添加洗剤を使うのもおすすめです。

無添加洗剤でしたら環境破壊や肌の影響も心配ありません。

小さいお子様がいるご家庭でも、安心して使うことができます。

無添加の洗濯洗剤の場合、使用期限としては開封済みで1年、未開封で3年ほどが多いです。

ぜひお気に入りの洗濯洗剤を使って、毎日の洗濯をしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました