シルバー磨きの代用で歯磨き粉はNG!?使うなら重曹がおすすめ

シルバー磨きの代用で歯磨き粉はNG!?使うなら重曹がおすすめ家事
シルバー磨きの代用で歯磨き粉はNG!?使うなら重曹がおすすめ

シルバーアクセサリーって、少し使わない間に黒ずんでしまいませんか?

そんな時、皆さんはどんな風に黒ずみを処理していますか?

タワシでゴシゴシ?お酢につける?間違った方法でお掃除してませんか?

身近なものだと歯磨き粉を使った掃除方法もありますが、研磨剤入りの場合は逆にシルバーアクセサリーを傷つけてしまう恐れがあります。

そこで一番のおすすめ代用品は、ズバリ『重曹』です。

重曹をどんな風に使うのか?日常のシルバー磨きはどの様にするのが良いのかご紹介します。

シルバーの汚れの原因は何?

そもそも、シルバーの汚れの原因は、銀(シルバー)と硫黄が化合することで硫化(りゅうか)してしまうからです。

身に着けていると汗や皮脂に触れる事が多いため、硫化しやすくなります。

しかし、身につけなくても黒くなる場合もあるかと思います。

その原因は空気中に含まれる硫黄です。

ごくわずかですが、空気中にも硫黄が含まれており、それにより勝手に硫化してしまうのです。

また、温泉などで間違ってアクセサリーをつけたまま入ってしまうと、温泉の硫黄成分でシルバーが黒ずむ経験をしたことはありませんか?

あれも硫化(りゅうか)が原因です。

代用で歯磨き粉を使ってはいけない理由

身近にあるもので、手軽にシルバーアクセサリーを磨こうと思うと、歯磨き粉での洗浄方法がネットなどには出てきたりします。

しかし、歯磨き粉には研磨剤が入っている事が多いため、シルバーアクセサリーを気付つけてしまう恐れがあるためおすすめしません。

歯磨き粉は、あくまで口腔用に作られていますので、シルバーを磨くためには適していません。

歯磨き粉の研磨剤はキレイにはなるのですが、実際にはシルバーを削っているため、細かい溝に汚れが溜まったり、硫化しても落としきれなくなる場合があります。

また、細かいアクセサリーのチェーンはまずキレイにならないです。

ですから、歯磨き粉でシルバーを磨くのはおすすめしません。

代用品でおすすめなのは重曹

歯磨き粉の様に代用品でキレイにしたい場合は、重曹がおすすめです。

歯磨き粉の研磨剤の様に削れませんし、ピカピカとキレイにすることができます。

手順はこちらです。

  • アクセサリーが入る耐熱容器にアルミホイルを敷く
  • アルミホイルの上に重ならないようにアクセサリーを置く
  • 小さじ1杯の重曹を振りかける
  • 熱湯をアクセサリーが浸るまで入れて10分程度放置
  • お箸などで取り出して水洗いして乾燥
※熱湯に弱い石やプラスチック製品が付いているものは不可
※いぶし銀風の物は不可
※メッキ加工品は不可

熱湯に弱い石などがついている場合は、石に熱湯がかからない様に注意してください。

特に擦るなどの作業は必要ありませんのでお手軽にできます。

熱湯を使いますので、火傷には十分に注意してください。

わざといぶし銀風に仕上げてあるシルバーアクセサリーなどは、ピカピカになってしまいます。

いぶし銀などの加工品は、重曹が使えない場合がありますので、注意してください。

また、メッキの製品は、メッキが剥がれてしまう可能性がありますので、使用しない様にしてください。

長い目でみればシルバークリーナーを持っておく

沢山、シルバーアクセサリーを持っている方や、大切なシルバーアクセサリーがある場合は、シルバー用のクリーナーを一本持っておくのが一番良いです。

シルバークリーナーは100均やネットでも買うことができますので、一本あると便利です。

また、シルバー用のクロスも100均やネットで気軽に買えますので、揃えておくと良いです。

シルバー専用に作られているクリーナーなので、重曹よりも簡単にキレイになります。

つけておくだけで良いタイプのクリーナーが多いので、熱湯を使う必要もありません。

また、5~10秒程度のつけ置きで済むので、時間も短縮できます。

シルバーアクセサリーの汚れや曇りも取り除いて、本来の輝きに戻してくれるのが魅力です。

シルバークリーナーにも色々と種類がありますが、大きく分けて、クエン酸を使用している弱めのクリーナーか、硫酸を使用している強めのクリーナーがあります。

どちらも酸性の性質を使って硫化銀の表面の黒ずみを落としていきます。

シルバークリーナーの他にも銅製品、金製品など用途に分かれたクリーナーも販売されていますので、シルバーを磨く時には、必ずシルバー専用のクリーナーを使う様にしてください。

私は、長期休暇中や旅行先などでちょっと時間がある時に、クリーナーでアクセサリーをキレイにしたりします。

ちょっとしたスキマ時間や空き時間に、アクセサリーがピカピカになると清々しい気持ちになれるからです。

シルバーアクセが黒くならない保管方法

残念ながら、キレイに磨いたシルバーアクセサリーも、そのまま保管していると、また黒ずんでしまいます。

手入れをした後は、小さなチャックの袋に入れてなるべく空気が入らない様にして保管してください。

空気中に含まれる微量の硫黄の成分がシルバーに付着するのを防ぐためです。

布団圧縮袋の様に空気を圧縮できる袋があれば尚良いです。

また、つけているときに汗をかいたりするとシルバーアクセサリーが黒ずみます。

1日アクセサリーを身につけた後にも、簡単なお手入れをする習慣をつけておくと良いですね。

一番簡単なお手入れ方法は、食器を洗う時に使う中性洗剤なで洗うことです。その日についた汚れや皮脂を綺麗に落としておくことが重要だからです。

洗った後は、完全に乾かしてから小さなチャックの袋に入れて保管してください。乾きが足りないとサビや変色の原因になります。

ネックレスなど、チェーンがついているアクセサリーは絡まってしまったり、チャームを傷つけないように、チェーンをティッシュなどで包んでから小さなチャックの袋に入れておくとバッチリです!

シルバー磨きの代用で歯磨き粉はNG!まとめ

今回は、シルバーアクセサリーの黒ずみをどの様に綺麗にするのが一番良いのか書いてみました。

やはり一番良いのは、シルバー専用に作られているのでシルバーアクセサリー用のクリーナーで磨くことです。もしも手元にクリーナーがない場合は、重曹で代用しても大丈夫です。

歯磨き粉には研磨剤が入っていて削れてしまうので、おすすめしません。

汗や空気中に含まれている、わずかな硫黄で硫化(りゅうか)して黒ずんでしまうので、1日身につけた後には、きちんとお手入れをする習慣をつけましょう!

コメント