【危険】使ってはいけない『まつげ美容液』とは?意外な落とし穴に注意!!

使ってはいけない『まつげ美容液』とは?意外な落とし穴に注意!!豆知識
使ってはいけない『まつげ美容液』とは?意外な落とし穴に注意!!

外出時にマスクをするので、顔の下半分をメイクしない人も増えているのではないでしょうか?

そんな時に、アイメイクに気合をいれる人が多い気がします。

今日は、そんな最近のメイク事情で特に気になったことを書きたいと思います。

まつげを長く美しく見せると、アイメイクが非常に効果的なのですが、そのまつげを美しくするためのまつげ美容液の意外な落とし穴があることを知っていますか?

今日は、絶対に使ってはいけない『まつげ美容液』について書きます。

結論から言うと、ルミガンとケアプロストは、絶対に使わないでください。

まつ毛貧毛症や緑内障用なので、まつげが変形したり、白っぽくなってしまったり、色素が沈着してしまう様です。

意外と見落としがちなので、この記事が気づきになれば幸いです。

そもそも使ってはいけない『まつげ美容液』とは?

『まつげ美容液』にも色々な種類があります。

そもそも使ってはいけない『まつげ美容液』とは、どんなものなのでしょうか?

『まつげ美容液』には、様々な成分が入っています。

その成分と合わない場合、目や目の周辺が腫れてしまったりまたは、目の中に成分が流れ込んでしまって目が充血したり、大変なことになってしまう場合もあります。

本物の『まつげ美容液』は、化粧品登録がされています。

この化粧品登録がされている商品かどうかを買う前に確かめるのは、非常に大切です。

『まつげ美容液』と思って買ったのに、『まつげ育毛剤』だったと言うこともあります。

こちらの『まつげ育毛剤』は、化粧品ではなく、医療系の商品になります。

美容液よりも育毛効果は強いですが、その分、配合されている成分が強い場合もありますので、よく確認をして買ってください。

日本でも流行りましたが、ルミガンとケアプロストは、絶対に使わない様にしてください。

元々、緑内障の方やまつ毛貧毛症のためのものなので、まつげが変形したり、白っぽくなってしまったり、色素が沈着してしまう場合があります。

使ってしまうとどんなデメリットがあるの?

一番多い副作用としては、“色素沈着”してしまう可能性があります。

『まつげ美容液』よりも強めの成分が入っていることが多いので、『まつげ育毛剤』の方で“色素沈着”してしまうことが多いみたいですから気をつけてください。

化粧品登録されている『まつげ美容液』は、副作用は、起こしづらいとされていますが、アレルギー反応が出てしまった場合は、すぐに使用をやめて眼科に行ってください。

まぶたが腫れる、赤くなる、または、目が充血する、めやにが多めに出る、痒い、などの症状はアレルギー反応かもしれませんので、しばらく使用を控えて様子をみてください。

また、通常は、大丈夫なのに、汗をかいて汗と混ざることでアレルギー反応が出ることもあるみたいですから、これから、暑くなる夏場は、特に気をつけてください。

酷い場合には、結膜炎や角膜炎などの症状を引き起こす場合もありますので、『まつげ美容液』を選ぶ時には、十分に注意してください。

『まつげ美容液』を選ぶ時のポイント

ビマトプロストと言う成分が配合されているものは、医薬品として発売されている可能性が多いですが、こちらは、緑内障の治療の薬をヒントにまつげ貧毛症用にも開発されたものです。

絶対に医師の指導がない場合は、選ばない様にしてください。

『まつげ美容液』の成分は、植物エキス、海藻エキス、潤い成分、そしてタンパク質成分などが配合されています。

ビマトプロストに比べて効果は、薄いですが、アレルギー反応が出る確率も低いので安心です。

ネットで購入する際、海外製のものは、避ける様にしてください。

各国で医薬品や化粧品の基準が違うので、海外製の方が強い成分が配合されている可能性があるからです。

購入した『まつげ美容液』を、決められた容量を根本から塗るのがコツです。

洗顔後の清潔なまつげに塗るのも基本的ですが、大切なことです。

プロからも人気の『まつげ美容液』

一言に『まつげ美容液』と言っても、ドラッグストアやコンビニで買えるプチプラなものから、化粧品専門店やデパートで買える割と高級な物もあります。

安いからダメ、高いから良いと言うことではありませんが、自分のまつげとの相性や配合されている成分をよく確かめてから使用する様にしてください。

2020年度のベストコスメアイテム賞を受賞したのは、『マジョリカ マジョリカ』でした。

資生堂が発売していますので、ファンデーションなど資生堂をお使いの方は、成分が合いやすいのかもしれません。

リニューアルしてパワーアップしたマジョリカ マジョリカは、なつめ果実エキスやグリセリンの保湿成分が入っているのに5.3グラムで950円です。

コスパが非常に良いですね!

次にプロからも人気なのは、Lashaddictのアイラッシュコンディショニングセラムです。

こちらの美容液は、まつげを伸ばすだけではなく、独自開発のナノペプチドがハリ、コシ、つやを与えて、健康的なまつ毛に導いてくれます。

こちらの商品は、5mlで、10.000円と高級ですが、ベストコスメアワード2020のベストまつ毛美容液 第3位です。

口コミもかなり好評ですので、長期的に使用して、しっかりまつ毛のケアをしたい方には、特におすすめです。

使ってはいけない『まつげ美容液』とは?まとめ

今回は、使ってはいけない『まつ毛美容液』について書きました。

個人差やアレルギー、副作用の出方には個人差があります。

『まつ毛美容液』を選ぶ際には、化粧品登録されているものなのか、医薬品として『まつ毛育毛剤』として登録されているのか、きちんと調べてから購入してください。

配合されている成分を確認して、決められた容量を守って使用する様にしてください。

また、副作用が出た場合には、直ちに使用を停止して、眼科を受診してください。

効果的な『まつ毛美容液』に出会って綺麗にまつ毛を伸ばせるといいですね!

コメント