初心者の運転いつから1人でOK?みんなはどうだった?

初心者の運転いつから1人でOK?みんなはどうだった? 豆知識
初心者の運転いつから1人でOK?みんなはどうだった?

車の運転、初心者だととても怖いものですよね。

当たり前に運転をしている人は多いですが、

初心者からすると、何事もないようにスムーズに運転をできる事が不思議でたまりません。

初心者やペーパードライバー場合、最初のうちは誰かに一緒に乗ってもらいたいものです。

もちろん熟練ドライバーも、最初から一人で運転できたわけではないはずです。

では、1人で運転できるようになったのは、いつ頃からなのでしょうか。

熟練ドライバーさんはどうだったかのか気になりますよね。

ここではそんな初心者の運転について解説をしていきたいと思います!

みんなはいつから1人で運転した?

1人での運転ですが、みんなは一体いつからできるようになったのでしょうか?

結論から言えば、これは本当に人それぞれです。

車の運転頻度というのは状況によって大きく変わります。

例えば仕事をする上で免許が必要、運転することが仕事レベルの人は、

免許を取ったらもう翌日には1人で運転ということも多いでしょう。

トラックが初心者マークをつけて走っているのを見たことがありますが、やはり怖かったです。

ただ運転についての口コミを見てみると、やはり1人での運転は数ヶ月経ってからが多いようです。

週末ドライバーの場合でも、3ヶ月もすれば1人で運転ができる人が多いでしょう。

しかし、運転は慣れるのも怖いです。

近年は交通事故による悲しい事故も多く発生しています。

ですのでもし運転が怖い、苦手だと思うなら無理して1人で乗る必要はありません。

自分のペースで運転に慣れていくことがとても大切です。

1人で運転できるチェックシート

そんなこと言っても、何か基準はないのと思う方もいらっしゃると思うので、今回は1人で運転するときに必要と思われるものをチェックシートにまとめてみました。

1人で運転できるかを確認したい場合、以下のような技能ができるかを確認しましょう。

このチェックシートができるなら問題はないはずです。

  • 交通標識は理解しているか
  • 交通ルールは理解しているか
  • バックミラー、サイドミラーなどの見方やタイミングは身についているか
  • 駐車場でバック駐車ができているか
  • 事故が起きるシチュエーションを把握しているか
  • 任意保険に入っているか
  • 万が一事故を起こした時の対応は理解しているか
  • なんとなく行けそうで運転していないか

これらのチェックシートを理解できているなら基本的には一人で運転は問題ないと思われます。

どれも全て教習所で習うことではありますが、

実際に1人で運転をするとなると勝手は変わってきます。

これらを理解、マスターするまではやはり1人での運転は避けた方が良いでしょう。

1人で運転するときの注意点

1人で運転するときですが、さらに注意をしなくてはなりません。

続いて1人で運転をするときの注意点を紹介していきます。

1人で運転する際には以下の点に注意をしましょう。

巻き込み事故

1人で運転をする際、助手席には誰も座っていないことになります。

その際に、左折をする際の自転車やバイクの巻き込み事故には十分注意をしましょう。

これは上記のチェックシートでもあるように、

事故が起きるシチュエーションとしては非常に多いです。

巻き込み事故を防ぐには目視やミラーを使って、

脇道を進んでいる自転車やバイクがないかを確かめる必要があります。

1人だからこそこれらの確認は必ず行いましょう。

『かもしれない運転』を心がける

1人で運転をすると声をかけてくれる人がいません。

だからこそ、常に『かもしれない運転』を心がけるようにしましょう。

だろう運転は「ここは飛び出してくるかもしれない」や「人がいるかもしれない」

など危険予測をしながら運転をすることです。

教習所でも習ったはずですよ。

しっかり『かもしれない運転』を心がけて、安全運転を心がけるようにしましょう。

止まる場所はしっかり止まる

1人で運転をしていると、焦って止まるべき場所で止まらないことも多いです。

見通しの悪い角や、止まれ標識、踏切などしっかり止まる必要がある場所は多いです。

これらの場所はしっかり止まらないと事故に繋がるだけでなく、

交通違反で捕まってしまうこともあります。

1人で運転をする際には程よい緊張感を持って、注意をしながら運転をしてくださいね。

初心者が苦手なシーンの対処法

ただ初心者が苦手なシーンというのはある程度限られてきます。

そのシーンをピンポイントで克服をしていけば、運転もすぐに慣れていきます。

初心者が苦手なシーンとと対処法は以下のものがあります。

右折

右折ですが、苦手にしている人は多いですよね。

交差点などで、なかなか右折ができないとプレッシャーになってしまいます。

信号のある交差点で右折をする際ですが、できるだけ交差点の中心付近で待つようにしましょう。

そして右折をするタイミングとしては、十分に車の間隔が空いた時でOKです。

焦って無理して右折をしようとすると事故に繋がるので、無理は絶対にしないでください。

右折した先で、歩行者が横断中だったなんてことにもなりかねません。

信号のない交差点の場合も考え方は一緒です。

焦らず歩行者・車が来ていないことを確認できてから右折しましょう。

後ろの車は気にしなくて大丈夫です。

高速の合流

高速の合流も苦手にしている人は多いですよね。

高速の合流をする際には、サイドミラーと目視をフル活用して、死角がないようにしましょう。

また高速の合流の際には、加速をしないとかえって危険になります。

しっかりアクセルを見て、合流車線の残りを確認。

その中で本戦で十分に入れる感覚があれば、スルッと入るようにすれば大丈夫です。

そして一番大事なのが、苦手なら高速道路は使わないということです。

高速道路は使わない人は全然使わないので、苦手という人も多いです。

なので無理して乗る必要はありません。

運転に慣れている人に任せたり、下道でのんびりと行くようにしましょう。

こちらも慣れてきたら歩行者がいない分、高速道路の方が運転が楽なんですよね。

バック駐車

バック駐車に関しては慣れるしかありません。

車幅の間隔やミラーをうまく駆使して綺麗に入れられるようにしましょう。

スーパーやモールの大きい駐車場で練習するのもありです。

駐車場の端っこであれば、ほとんど停車している車がありません。

バックの練習をするなら、そういった周りに車がない所が最適です。

どこのタイミングでどのミラーなどを確認するかが理解できればすぐに上達しますよ。

このように初心者が苦手なシーンはある程度限られてきます。

なのでそのシーンの練習をしたり、避けたりすることで安全に運転をしてくださいね。

初心者の運転いつから1人でOK?まとめ

初心者の運転ですが、いつから1人で乗るかはその人の環境や状況によって違います。

ただ週末ドライバーの場合でしたら、大体3ヶ月も運転をすれば慣れてきます。

運転をする際の注意点や、気を付けるシーンはある程度限られます。

安全に運転をするために、それらの注意点はしっかり理解をしましょう。

そして何よりも重要なのが、『焦らない』ということです。

安全に楽しく運転をするようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました