ジョギングで足が太くなる原因は3つ!!正しい走り方や対処法を紹介!脚痩せのポイントも

ジョギングで足が太くなる原因は3つ!!正しい走り方や対処法を紹介!脚痩せのポイントも豆知識
ジョギングで足が太くなる原因は3つ!!正しい走り方や対処法を紹介!脚痩せのポイントも

足痩せしたくてダイエットのためにジョギングしていたら、なぜか足が太くなっちゃった!なんて経験ありませんか?

結構あるあるなことかもしれませんね。

でもそれ、実は間違った走り方をしちゃってるからかもしれません!

せっかく頑張って走っていたのに、逆効果で足が太くなってたらショックですよね。

そんな結果になる前に、太くなる原因と正しいジョギング方法を理解して、理想の美脚を手に入れましょう!

ジョギングで足が太くなる3つの原因とは?

運動しているのになんで足が太くなるのでしょうか。

それには大きく3つの原因があります。

  • 走る姿勢が悪い
  • 足に血液が集まっている
  • 筋肉がついた

それでは一つずつ見ていきましょう。

走る姿勢が悪い

まず、1番多い理由はこれかもしれません。

走り方に問題があると、期待する効果は得られません。

せっかく走っても意味がありません。

また、正しいフォームで走らなかった場合は、腰や膝などに負担がかかり、怪我や故障の原因にもなります。

2つの意味で注意が必要です。

足に血液が集まっている

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。

心臓と同じように血液を巡らせるポンプの役割をしているので、走ったことで血液の巡りが良くなり、一時的にパンパンに腫れているように見えるのです。

今までとくに運動せずにいた人や、デスクワークで体を動かさない人なら、その変化に驚いて太くなった!と感じてしまうかもしれません。

筋肉がついた!

足には全身の筋肉の約70%が集まっていると言われています。

ジョギングをはじめたことにより、脂肪が落ちるよりも先に筋肉がついて太くなったように感じるのは自然なことです。

また、間違った姿勢でジョギングをすることで、本来引き締めたい部分とは別の部分に筋肉がついてしまい、いわゆる〝ししゃも脚〟になってしまう場合も……。

こちらも正しいフォームで走ることと、継続することで解決します。

太くなるのを防ぎ上手に足痩せする方法

では、足を太くすることなく、ジョギングで足痩せはできないのでしょうか?

3つのポイントに気をつければ、ジョギングの効果を高めて、足が太くなることなくダイエットに繋げることが出来ます。

  • 運動前のストレッチ
  • 焦らずに継続する
  • 正しいフォームで行う

意外かもしれませんが、運動前にも足痩せに重要な項目があるんですね。

それでは見ていきましょう。

運動前のストレッチ

ジョギングで効果的に足痩せしたい時に欠かせないのがストレッチです。

普段、運動をしない人の筋肉は凝り固まってしまっているので、いきなり走り出しても思った効果は得られません。

走る前に筋肉をほぐすストレッチを行うことで、ジョギングの効果をあげることができます。

また、筋肉をほぐすことで怪我の予防にもなりますので、忘れずに取り入れていきましょう。

焦らずに継続する

ジョギングに限らず、ダイエットは継続することが大切です。

はやく効果を出したいからといって、無理な方法で自分のペースを超えて行ってしまうと、怪我につながってしまいます。

ジョギングでの足痩せは、長期的な目標を立てて気長に行いましょう。

正しいジョギングフォームで行う

効果的なジョギングをするためには、正しいフォームが大切です。

腰や膝など、体に負担がかからないフォームで走ることで長い時間走ることが出来ます。

背筋を伸ばしてやや前傾になり、肩甲骨を寄せて胸を張って前を向いて走りましょう。

YouTubeなどの動画で正しいフォームを見て学ぶのも良いでしょう。

ジョギングの正しい進め方とは?

ジョギングの効果を高めるために、どのように進めていけば良いのでしょうか。

ダイエット効果を高めるためには〝空腹時〟にジョギングをするのがおすすめです。

空腹時は、体内の脂肪をエネルギーに変えることができます。

とくに朝食前(朝)に30分程度のジョギングをすることで、規則正しい生活も出来るのでダイエットとして効果的に取り入れることが出来ます。

また、目標は何キロ走るなどの距離ではなく、何分走るというように時間にするのが良いでしょう。

ゆっくりとしたペースで長い時間ジョギングすることで、脂肪が燃焼されやすくなります。

しかし、ダイエットをするために大事なことは〝継続すること〟なので、どうしても朝起きれないなら自分が苦では無い時間にするのが良いでしょうし、30分も時間がとれないというなら、短い時間でも毎日続けるというのが大切です。

見た目が変わってくるまでには、思っているよりも時間がかかります。

明日すぐ変わるわけではないので、気長に取り組みましょう。

まずは1週間、1ヶ月、3ヶ月…と続けていくことで、ジョギングを習慣化していきましょう!

ジョギングとランニングの違い

ところで、ジョギングとランニングってどう違うの?と疑問に思ったことはありませんか?

同じように長距離を走るし、言い方の違いかなと思っている人が多いかもしれませんが、実は明確な違いがあります。

まず、ランニングというのは大会があることからもわかるように、その大会への出場を目的とした本格的なトレーニングのことをいいます。

そのため、ランニングは息が切れたり息切れするくらいの速度で走って体に負荷を加えることになります。

ジョギングは大会への出場ではなく、あくまで健康維持やダイエットなどを目的としています。

一緒に走る人と会話を楽しめるくらいのスピードで走ることで、基礎体力の向上や気分転換などの効果を期待できます。

簡単に言うと、競技か趣味かの違いというイメージでしょうか。

ダイエットとして取り入れる場合は、まずジョギングをして走ることに慣れたり、自分に合った方法だなと思えたら、ランニングに切り替えて負荷を高くするのも良いかもしれませんね。

ジョギングで足が太くなる原因は3つ!!まとめ

さて、ここまで読んでいかがだったでしょうか?

ジョギングは、長く続けることで効果の出てくる運動だとわかりましたね。

ジョギングをすることで一時的に足が太く見えてしまうことはありますが、長期的に続けていくことで理想の美脚を手に入れることができるかもしれません!

無理なダイエット、過度なダイエットは健康に良くないですが、ジョギングなら適度に自分のペースで続けていけそうですよね!

また、ジョギングをすることでダイエット、足痩せをするだけでなく、気分転換やストレス解消、基礎体力の向上などさまざまな効果が期待できます。

運動不足だなと感じている人にもおすすめです。

せっかくジョギングをして足が太くなったと悲しい気持ちにならないように、運動前後のストレッチや正しいフォームの確認、そして継続することを意識して続けていきましょう!

コメント